経営学部 具 滋承 准教授の論文がJournal of Business Researchに掲載されました。

2020.07.10

経営学部 具 滋承 准教授の論文がJournal of Business Researchに掲載されました。

Sciencedirect Share Link
 ※上記ホームページにて、2020年8月20日まで閲覧できます。

学術誌
Journal of Business Research

論文名
Acquisition announcements and stock market valuations of acquiring firms’ alliance partners:
A transaction cost perspective

論文概要
本研究は買収発表が買収会社の提携パートナーに対する資本市場の反応に及ぼす影響に関する研究である。取引費用理論に基づいて、買収発表は、買収会社の提携パートナーの市場価値に否定的に作用すると予想した。提携パートナーを取り巻く資本市場の観点から見ると、M&Aは買収会社の行動に対して予測できない不確実性をもたらし、提携関係として期待された価値が低減される可能性が予測されるためである。なお、買収会社の行動の不確実性や提携パートナーの耐性水準は提携関係と買収の特徴によって異なる可能性があるため、資本市場の否定的な影響も提携関係と買収の性質によって異なると考えられる。日本の上場企業のM&A150件、347件の提携関係を対象に分析を行った結果、想定した仮説は全般的に支持されるに至った。
PAGE TOP