京都産業大学情報理工学部と京都試作ネットが連携 講演会「平成から令和へ 変革へ挑戦する中小企業」開催

2019.06.28

TAG:

メディア掲載情報理工学部プレスリリース
京都産業大学情報理工学部は、京都試作ネット※ 4代目代表理事の鈴木 滋朗氏を招き、講演会「平成から令和へ 変革へ挑戦する中小企業」を開催します。令和時代を迎え、中小企業の経営層における新たなIT活用への関心が高まりつつある昨今、ものづくり産業の現状について学生や一般の方に知っていただく機会を提供します。

【本リリースのポイント】
  • 京都産業大学情報理工学部では、現代の情報化社会のニーズに合わせた10コースを設定し、情報化社会の最先端領域で活躍する人材の育成に取り組んでいる。2018年3月には実践の場の一つとして、関西の大学では珍しい、学生が電子工作やモノづくりを日常的に行える学びの場「ファブスペース」を設置。
  • 本講演会では、ものづくり産業の現状について、京都試作ネット4代目代表理事である鈴木 滋朗氏に中小企業の挑戦の事例の紹介、また採用の立場から令和時代に必要とされる人材について現場レベルの意見も交えて講演していただく。
  • 大学での学びを社会・産業へとむすぶために、京都試作ネットとの連携を進めていく。具体的には、①京都試作ネット参加企業の見学、②京都試作ネット参加企業の第一線で活躍されている方を講師に招聘した学内講演会の実施、③学生の作品展における講評、④共同ワークショップの開催等を予定している。
※京都試作ネットとは、2001年に京都府の中小企業が共同で立ち上げた「試作に特化したソリューション提供サービス」を専門とするサイト。企業・大学・研究所・官庁などからの依頼に合わせて、企画から開発支援・試作を中心とした受注活動を展開。京都を試作の一大集積地にすることを目指し、京都のものづくり企業45社が加盟する。2016年から株式会社最上インクス代表取締役社長が4代目代表理事に就任。

リリース日:2019-06-28

情報理工学部特別コロキウム 「平成から令和へ 変革へ挑戦する中小企業」

日 時 2019年7月3日(水)13:15 ~ 14:45
場 所 京都産業大学 14号館1階 14102教室 (京都市北区上賀茂本山)
講演者 鈴木 滋朗氏(株式会社最上インクス 代表取締役社長)
対 象 学生、教職員、一般
申 込 不要(無料)
本件に関するお問い合わせ先
内容について:京都産業大学 情報理工学部事務室 TEL:075-705-1989
取材について:京都産業大学 広報部   TEL:075-705-1411
PAGE TOP