韓国からのインターンシップ生が本学でのインターンシップ経験をプレゼンしました!

2018.02.13

TAG:

トピックスキャリア
1月16日(火)から2月13日(火)までの1ヵ月間、韓国の牙山(アサン)市にある順天郷(スンチョンヒャン)大学の学生 SHIN Joonsuk(シン ジュンソク)さんが本学のキャリア教育研究センターにてインターンシップを行いました。
最終日には、インターンシップ4(海外インターンシップ)募集説明会にて、本学でのインターンシップ経験を日本語でプレゼンテーションし、これから海外インターンシップを経験しようとする学生に対してアドバイスしました。

終了後、シンさんが日本語を勉強し始めて1年余りにも関わらず、報告のすべてを日本語で行ったことに参加者から大きな拍手が送られました。

インターンシップ期間中は、「韓国で本学学生を受け入れる企業の調査及び受入依頼」「国内インターンシップの企業開拓の同行」「インターンシップ関連書類の添削・確認」「キャリア形成支援プログラムの発表会サポートや面接学生の誘導」等の業務に携わり、1ヵ月のインターンシップをとおして、「旅行とは違う日本の一面」や「日本と韓国の文化の違い」を知ると同時に、「自身の成長」や「挑戦することの価値」を感じることができたとコメントしました。

これから海外インターンシップを経験する学生に対しては、「出発前にその国について調べること」「語学力を磨くこと」「文書作成のスキルを身に付けること」「メンタルを強化すること」の4点をアドバイスしました。

報告会を終えたシン ジュンソクさんのコメント
日本語での発表は特に発音が難しく、キャリア教育研究センターのスタッフの方々にも協力いただきながら何度も練習を繰り返し、よりよい発音と発表になるよう心がけました。将来は日本企業での就職を希望しているため、今回の経験が必ず将来に活かされると信じています。来年8月には大阪の大学に交換留学生として戻ってきますので、また京都産業大学に遊びにきます!

※海外インターンシップ募集説明会は2月15日(木)、3月13日(火)、3月15日(木)にも開催します。詳細はPOSTをご確認ください。
写真:シン ジュンソクさん
写真:シン ジュンソクさん
PAGE TOP