インドネシア教育文化省言語育成振興局長が
本学学長を表敬訪問

2017.11.10

TAG:

トピックス国際交流外国語学部
授業見学の様子
2017年11月10日(金)、インドネシア教育文化省言語育成振興局ダダン・スネンダル 局長一行3名が、エディ・プリヨノ 教授と左藤 正範 教授のインドネシア語の授業見学の後、大城 光正 学長を表敬訪問しました。
大城学長が冒頭、ダダン局長に、インドネシア語の授業を見学された印象を尋ねると、局長は「授業内容・教育設備が素晴らしい」と笑顔で答えられました。
会談の中で、学長と局長は、それぞれ言語学の専門家の立場から意見交換を行いました。
学長が、「本学の外国語学部は日本の私学で最多の10言語を教え、外国語教育に力を入れている」と語ると、ダダン局長は、「インドネシアでは国語であるインドネシア語はいうまでもなく、数百ある地方語の維持発展を重視している」と語りました。会談は予定時間を大幅に超えて、終始なごやかに行われました。
最後に、局長から同局で出版された『インドネシア語大辞典』が贈られ、また学長からは本学の記念品が局長たちに手渡され、会談は終了しました。  
PAGE TOP