文化学部 京都文化学科 下出 祐太郎教授が「京の名工」に選定されました

2016.11.24

TAG:

ニュース文化芸能文化学部
文化学部 京都文化学科 下出 祐太郎教授が「京の名工」(府伝統産業優秀技術者)に選定され、府公館で表彰式が行われました。京都府が熟練の技を持ち、その発展を長年支えてきた職人を表彰するもので、下出教授は漆器の上に金粉や銀粉で絵付けを施す「蒔絵」の技術が認められました。
現在、サギタリウス館1階エントランスには、下出蒔絵司所3代目の下出教授の作品が飾られています。
下出教授作品の蒔絵「『サギタリウスへ』-大志をはぐくむ」

関連記事

PAGE TOP