濱野准教授の研究が「大和証券ヘルス財団」募集の調査研究助成に採択されました!

2016.10.05

TAG:

ニュースお知らせ研究現代社会学部

この度、現代社会学部着任予定の濱野 強 准教授(現在、共通教育推進機構所属)が、「大和証券ヘルス財団」が募集していた「中高年の医学・医療、保健及び福祉・介護に関する調査研究助成」に採択されました。なお、本年度の応募総数は、261件(うち採択課題数は30件)でした。

採択課題名:オキシトシンと信頼感情に基づく人間関係に着目したうつ病の新たな発症機序の解明。

本研究では、うつ病の新たな発症機序を解明するため、「愛情ホルモン」「癒しのホルモン」などと呼ばれているオキシトシンに着目し、その分泌が人間形成に影響し、うつ病のリスクとなるかという点について検討します。また、本研究には、地域調査やデータ解析、健康教育といった内容が含まれており、研究により得られた成果は、今後、現代社会学部の授業でも取り上げていく予定です。

PAGE TOP