マネジメント研究科 マネジメント専攻 久保 亮一 教授

イノベーションを起こす企業、組織、チームはどのような特徴をもつのか

イノベーションを起こす企業、組織、チームはどのような特徴をもつのか

いろんなアプローチで問題意識を検討する

「新製品やサービス、新しいビジネスモデル、新事業などを生み出すことのできる企業、組織、チームはどのような特徴を持つのか」という関心を持ちながら研究しています。このような問題意識を、定量・定性分析を用いて検討する、というのが自分の研究紹介になります。分析対象や分析レベルは様々です。以下では、3つの例をあげてみます。
第1に、情報システムの開発を扱った研究です。一般に、情報システムの開発のプロセスの流れをみると、最初に顧客が求める機能を確定させ(要件定義)、その機能を実現するために情報システム全体の設計(外部設計)を行い、その情報システムをさらに部分に切り分けて詳細に設計(内部設計)する工程を経たのちに、製造(プログラミング)、単体・統合テストの順で実施されます。その際、外部設計や内部設計のやり方(モジュラー性の程度の決定)によって、開発チームで必要になるコミュニケーションや凝集性がどのように変化するのか、そしてその成果はどう変わってくるのか、という問題意識のもと、分析を行いました。この研究の場合、分析レベルは開発チームになります。
第2に、中小企業が連携して新製品を開発した事例を扱った研究です。愛知県豊橋地域で、複数の異業種企業からなる新製品開発のための研究会が行われていました。通常、このような協力関係をもとにした開発は、利他的な要素を多分に含むために、機能せず失敗することが多いです。ですが、この研究会内では、情報や知識を積極的に交換し、ときにはメンバー同士で助け合うことによって、各社が新製品を開発することに成功していました。この事例では、なぜうまくいったのか、という問題意識のもと、研究会を統括していたコーディネータのマネジメントに注目しながら、事例分析を行いました。この研究の分析対象は、研究会をサポートする上位団体、複数の企業からなる研究会、参加各社になります。
第3に、現在行っている研究で、上場企業がなぜ分社化するのか、という研究です。分社化とは、企業内の事業活動を自社本体から分離して、子会社・関連会社など別会社において経営することを指します。現在、日本企業はさまざまな企業グループを形成しており(例:日立グループ)、企業グループは重要な分析単位になっています。このような企業グループの形成に分社化活動は大きな役割を果たしています。日本企業は、①分権化要因、②成長・リスク分散要因、③内部労働市場要因、④その他の要因により分社化を行うといわれており、それらの要因と分社化の関係性を定量的に分析しています。その中でも②成長・リスク分散要因(新規事業・新分野へ進出するための分社化)に注目して分析を進めています。この研究の場合、分析レベルは企業になります。
上記の例から、大枠の問題意識が共通したとしても、分析方法、分析対象、分析レベルなどを様々に設定できることが分かります。

大学院で学ぶことを考えている方へ

インタビュー風景

大学院入試では、論述試験のほかに、研究計画書の提出を求められます。研究計画書では、入学してから行う自分の研究について記述しなければなりません。では、どのように研究計画書を書けばいいのでしょうか。どんな場合であれ、おそらく以下の3つの内容を含むことが求められると思います。

  1. 研究の背景…実施する研究の背景はどのようなもので、自分はどのような問題意識を持っているのか。
  2. 研究の目的…どのようなことを明らかにしたいのか。
  3. 研究の方法…どのような方法で研究の目的を明らかにするのか。

もうほとんど覚えていないのですが、私が大学院入試を受験した際には、上の3点を明示した研究計画書は書けなかったです。今と異なり、何を書くべきかという情報を集める方法が不足していました。今ではインターネットなどで簡単にその種の情報を集めることができると思いますが。
また教員によって意見が割れるところだと思いますが、私は上記の3点を入学前に確定させておく必要があるのか、という疑問を正直持っています。なぜなら、京都産業大学のマネジメント研究科は、経営分野を専門にしていなかった学生、社会人を受け入れ、高度職業専門人になるためにマネジメント教育を実施することを標榜しているためです。分野違いの出自の学生や社会人を受け入れる場合、マネジメント分野の研究計画書を書くことは難しいのではないかと想像します。社会人の方なら、実務経験に根ざしたテーマ設定をすることはできるかもしれませんが、実際のケースでは入学後、色々なことを学びながら興味・関心を深めたり、分析方法を知っていったり、指導教員と話しながら研究計画を固めることが多いです。
では、研究計画書を書く前に、どのような準備をすればいいのでしょうか。まずは、どんなことをどんな教員のもとで勉強したいのか、ということを大まかにでも入学前に検討することが必要でしょう。次に、可能であれば、志望する教員に面談する機会を求めることが大事だと思います。その面談内で、研究計画書の相談をはじめとして、入学前にどのような勉強の準備をすべきか、もしくは、どのようなことに関心があるのか、それはこの研究科で追究することができるのか、などを相談したりするとよいでしょう。おそらくどの教員も親身になってアドバイスしてくれると思います。

PAGE TOP