経済学研究科

 

経済学専攻 (博士前期課程・博士後期課程)

経済学研究科が育成を目指す人材像

客観的分析ができる、高度専門職業人。

 現代社会が直面する経済的諸問題を客観的に分析・考察できる高度専門職業人や研究者の育成を目指しています。
 本研究科では創設以来、一貫して近代経済学をベースとした多面的なアプローチが可能なカリキュラムを用意しており、最新の理論と分析手法を学ぶことができます。
 多彩な専門の教授陣を擁して、幅広い専門領域の科目を配置。
 また、他学部出身者や社会人でも学修できる環境を整え、大学院生1人ないし2人に対して教員1人が指導を行う徹底した少人数教育を実施しています。
 学びたい意欲さえあれば、どのようなバックグラウンドを持っていたとしても研究を深めていくことができるでしょう。

研究科の目的

 多面的なアプローチが可能なカリキュラムをベースに最新の経済理論と分析手法を学ぶことによって、現代社会が直面する経済的諸課題を客観的に分析・考察できる、高度専門職業人や研究者および高度で知的な素養のある人材の養成を目的とする。

アドミッションポリシー(求める学生像と受入の基本方針)

博士前期課程

  1. 高度専門職業人や研究者を目指すか、または高度で知的な素養を身に付けるという明確な目標を持っていること
  2. 経済的課題の探究に強い関心を有していること
  3. 経済を客観的に分析・考察するための基礎的な能力を有していること

博士後期課程

  1. 自立した経済研究者を目指すという明確な目標を持っていること
  2. 経済の専門分野の高度な研究に強い関心を有していること
  3. 経済を客観的に分析・考察できる専門的な能力を有していること