産学協働教育科目群(インターンシップ系/むすびわざコーオププログラム)

むすびわざコーオププログラムとは

企業等で社員と一緒に働く15週間の長期有給インターンシップを核に、専門教育とキャリア形成支援教育を融合させた、コーオプ教育プログラムです。本プログラムは、世界標準をモデルにしたプログラムであり、学部の専門性を生かしつつ、受講生の個性を大切にしながら、社会・組織への適応力を実践的に身につけていきます。

むすびわざコーオププログラム概要

  • 2017~2019年度履修者:2年間(2年次~3年次)一貫型のプログラム
  • 2014~2016年度履修者:3年間(2年次~4年次)一貫型のプログラム

2年間(2年次~3年次)一貫型のプログラム ※2017年度以降履修者

対象:経済学部・経営学部・法学部
単位:30単位

年次 区分 共通教育科目 専門教育科目
2年次 春学期 むすびわざコーオプセミナー1
(4単位)
 
秋学期 むすびわざコーオプセミナー2
(4単位)
インターンシップ事前研究
(2単位)
3年次 春学期 むすびわざコーオプセミナー3
(2単位)
長期有給インターンシップ 国内/海外
(12単位)
秋学期 むすびわざコーオプセミナー4
(4単位)
インターンシップ事後研究
(2単位)

3年間(2年次~4年次)一貫型のプログラム ※2014~2016年度履修者

対象:経済学部・経営学部・法学部
単位:38単位

区分 共通教育科目 専門教育科目
2年次 春学期 むすびわざコーオプセミナー1
(4単位)
 
秋学期 むすびわざコーオプセミナー2
(4単位)
インターンシップ事前研究
(2単位)
3年次 春学期 むすびわざコーオプセミナー3
(2単位)
長期有給インターンシップ 国内/海外
(12単位)
秋学期 むすびわざコーオプセミナー4
(4単位)
インターンシップ事後研究
(2単位)
4年次 春学期 むすびわざコーオプセミナー5
(4単位)
 
秋学期 むすびわざコーオプセミナー6
(4単位)
 

共通教育科目

むすびわざコーオプセミナー1~4

むすびわざコーオプセミナー1~6

長期インターンシップに耐えうる基礎的な力を身に付けることから始まり、社会に出てから、どういう状況にあってもミッションを任せられる能力と志を持った人材の育成を目的とした科目です。

専門教育科目

インターンシップ事前研究

専門領域での学びの方向性を認識し、それを踏まえて、長期のインターンシップで何を学べば良いのか、どのように取り組んでいけば良いのかを考えます。

長期有給インターンシップ(国内/海外)

国内、海外での15週間のインターンシップ。「むすびわざコーオプセミナー」や「インターンシップ事前研究」で、学生自身が作成する学習計画を踏まえた、インターンシップに取り組みます。 実習期間中は、日報・週報・月報などの報告書を作成し、「むすびわざコーオプセミナー」での報告などに活用します。

インターンシップ事後研究

長期有給インターンシップの成果をより良いものにするために、学部の専門性を活かした事後研究を行います。受講生が、インターンシップ先において体験、観察してきたことをそれぞれの学部の研究フィールドで振り返り、インターンシップの成果としてまとめます。

受講生・担当者の声

受講生の声

経営学部 経営学科
柳本 有香さん

大学1年生の頃、私は部活やサークルに所属し、アルバイトもしており楽しい日々を過ごしていました。一方で、今の状態で就職活動を迎えて大丈夫なのか、このまま社会に出ていいのかという不安を抱えていました。そのような時に友人が一緒に説明会行ってみない?と誘ってくれたのが「むすびわざコーオププログラム」でした。
実際に説明会に行き先生方や先輩方の話を聞いた時に、このプログラムを受講することで自信を持って社会に出ることができるのではないか、今よりもっと成長できると思い受講を決心しました。

プログラムではプレゼンテーションを行う機会が多くあり「なぜか」と常に問いを持ち自ら考える機会が沢山あります。プレゼンテーションの事前準備では先輩方が何度もフィードバックをして下さり、タテの繋がりの強さを感じました。
担当教員である小山先生は多くの文献を教科書とし読むことを前提としていました。私は文章を読み書きすることを苦手としており、プログラム受講前は、レポート試験もギリギリ単位が取得できる点数でした。しかし、このプログラムを受講し文献を沢山読んだことで同じ先生のレポート試験で満点を取ることができました。文献を読むことで文章力が身についただけでなく、問題発見・解決能力や論理的に考える能力を身につけることができたと実感しています。

大学3年生の4月から7月までの長期有給インターンシップでは、私たち4期生は1人1社行くことになりました。初日は不安と緊張でお腹を壊したことを覚えています。またインターンシップ中も計画通りに進まず悩む日や仕事でミスをして落ち込む時もありました。しかし、毎週水曜日の授業で4期生の仲間の顔を見ると安心し、1人ではないから頑張ろうと思えました。
授業ではインターンシップ中に気付いたこと、学んだこと、自身の課題について共有し、互いにアドバイスをしました。共有することで不安や悩みが解消され、解決策を発見することができました。
また、私はインターンシップで学んだことを他の場面でも活かしてみたいと思い、インターンシップ終了後の7月からアパレル業界でのアルバイトを始めました。以前より、同業界で働くことを夢見ていましたが、自分に自信が持てず前に進めない状態でした。しかし、インターンシップに行き様々なことを経験し、プログラムを通して少しずつ自信が持てるようになったことで、一歩踏み出すことができました。アルバイト先では、実際に学んだ力を発揮し、店長やお客様に褒められた時はとても嬉しかったことを覚えています。

私はむすびわざコーオププログラムを受講したことで苦手としていた文章力が身につき、自分に自信が持てるようになりました。
「将来に対して不安がある」、「新しい自分に変わりたいけどどうしたらいいのか分からない」、「自信を持って社会に出ていける力を身につけたい」など不安や思いは沢山あると思います。むすびわざコーププログラムは「不安を自信に変える場」であり、将来の夢への大きな一歩にも繋がると思います。あなたの一歩を親身になって話を聞いて下さる優しい先生方や頼もしい先輩方が待っています!

※掲載内容は取材当時のものです。

担当者の声

田中 寧 経済学部 教授

最近は日本でも職場経験が注目を浴びています。ただし、本学としては、いわゆる「社会人基礎力」だけでなく、学部授業で培った専門性をも身に付けた上で社会に出てもらいたいと考えています。経済学部生の「インターンシップ事前・事後研究」では専門書や新聞記事を使って経済学という専門性とむすびわざコーオプでの職場経験を繋げる授業です。

中谷 真憲 法学部 教授

事前研究では、「常識」が分かったうえで、「オリジナルな発想」ができる人材育成を考えた授業を行います。そのために、産業研究、時事問題分析、リーディングを通じて、幅広いビジネス教養を積み上げます。また本物のスキルとは頭ではなく身体に落とし込むものであるため、企業インタビューなども組み込み、社会の中での、そして人生の中での「いま、ここにいる、私」の立ち位置を常に考えてもらいます。
実務能力の根本は、自己と仕事を俯瞰できる能力であり、夢想でしかないアイデアは現実化しません。他方で、理想を持たない仕事は人生を豊かにません。事後研究では、具体的なプロジェクトも組み込んで、「働くこと」についての本格的なシミュレーションを行い、理想と現実の間でどう振る舞い、どう仕事を進めていくべきかを深く考えてもらいます。

松高 政 経営学部 准教授

授業では、経営学部で学んだ専門知識を長期就業体験にどのように活用していくのか、発表・ディスカッションを中心に進めています。理論と実践を融合させる経験は、大学での学びを深めるだけではなく、社会に出てからの大きな武器になります。課題等大変なことも多いでしょうが、頑張って乗り越えていって欲しいと思っています。

横森 匡弘 全学共通教育センター 教授

このプログラムは、「社会に出てどういう状況にあっても、ミッションを任せられる能力と志を持った人間になること」が目標です 。例えば、卒業後に企業への就職を考える多くの学生は「希望する企業に採用されること」を目標としていますが、両者の違いに興味があれば、是非チャレンジして下さい。

授業では、自分達が考えたテーマについてのディスカッション、プレゼンテーションを繰り返して掘り下げ、時には企業の方から「考えの甘さ」に対する厳しいご指摘を受けることもあります。目標への道のりは決して簡単なものではありませんが、その困難を乗り越えた時に得られるものの価値は大きいと考えます。

小山 治 全学共通教育センター 准教授

日本の大学教育(特に人文・社会科学分野)は「(仕事に)役に立たない」と揶揄されることがあります。こうした中で、本学は、専門分野と(仕事を含めた)キャリアをむすぶことに自覚的に取り組んできた全国でも珍しい大学の一つです。
むすびわざコーオプセミナーの授業では、大学での学びを職業社会と関連づけ、専門分野を「役立てる」にはどうすればいいのかという問題意識をもつことが求められます。「役に立つ」かどうかという受け身の考え方ではなく、大学で学ぶアカデミックな知識・スキルを「役立てる」という主体的な考え方ができるようになることを目指しています。そのために、練習問題やグループワークを通じて、問いと仮説の立て方、データ分析(仮説検証)の方法等を学んでいきます。これにより、キャリアを形成していく上で不可欠な汎用的な能力を効率的・効果的に身につけることができます。
PAGE TOP