教員紹介シン ハヨン

戻る

シン ハヨンSHIN HAYOUNG

経営学部 助教

学位
博士(商学)(一橋大学)
専門分野
組織行動論(ミクロ組織論)

研究テーマ・内容

従業員の動機づけ(内発的・向社会的モチベーション)・成員間の協働と向社会性

組織の中で「誰かの役に立ちたい」という気持ちで頑張っている人を支援し、彼らの努力が報われるような組織づくりや、負担を軽減する仕組みづくりに貢献したい。そんな理由から研究の道に進みました。

2022年現在かかわっている研究は、主に以下のとおりです。
・成員の内発的労働意欲および向社会的モチベーションがパフォーマンスに与える影響
・向社会的モチベーションの促進・抑制要因

このほかにも、看護学生の学習動機づけと学習行動の関係の検討や、健康経営における医学・経営学の学際的研究に参加しています。

担当科目

ミクロ組織論・人的資源管理論(基礎・応用)・組織行動ケース分析

プロフィール

趣味はいろいろありますが、まずWikipediaを読むこと。同じキーワードであっても、言語によって情報量に違いがあることが面白いなと思っています。文字を読むことは好きなほうですが、文字に限らず、展示を見に行くのも、ミュージカルを観劇するのも好きです。作品自体の美しさもそうですが、制作背景や作者の意図を知ることや、他の人たちの感想や解釈を楽しむために見に行っている節もあります。最後に、何らかの道を究めた人たちの努力の結晶を楽しむのが好きです。人の頑張りを応援するのが好きなのかもしれません。これは、今の研究テーマにもつながっています。

学生へのメッセージ 

「知識は力なり」です。誰かがいつも正しい答えを与えてくれるわけではありません。さらに世の中には唯一無二の解がないことが多くあります。私たちは手探りでもっともらしい答えを探していかなくてはいけません。

大学内外での学びや経験は、自分自身や私たちを取り巻く環境をよりよく理解するための道標になります。また、学んだ知識を正しく使う方法を知ることも重要です。地図があっても、見方がわからなければ目的地に辿り着けませんよね。さらに、得た知識を活かして論理を組み立てる論理的・複眼的思考のトレーニングは、理不尽な物事から自らを守る盾になります。

学部の4年間は長いようであっという間です。皆さんの中の「なぜ?」「どうして?」という疑問を大事にし、貪欲に学んで、今後の糧にしてください。一緒に成長していきましょう。

ゼミの紹介

組織行動論を中心に、組織の中の「人」の働きについて学びます。自分のやる気をどうマネジメントすればよいか?といったテーマもまた、組織行動論における主要な問いのひとつです。組織行動論の理論を学び、実際の現象(たとえば、自分!)に適用してみる経験を積むことによって、これらの疑問に自分なりの答えを見出していくきっかけとして活かしてほしいと思います。

また、2022年度が初年度となりますので、1期生の皆さんと一緒に、有意義な時間になるようゼミをつくっていきたいと思っています。

出身大学および出身学部

ソウル大学校 経営大学

出身大学院 

一橋大学大学院 商学研究科

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP