教員紹介大室 悦賀

戻る

大室 悦賀OMURO NOBUYOSHI

経営学部 教授

学位
修士(経済学)(法政大学)
専門分野
ソーシャル・イノベーション、ソーシャル・エンタープライズ、ソーシャル・ビジネス、非営利組織論

研究テーマ

「ソーシャル・イノベーション」

担当科目

CSR、公共経営概論

プロフィール

ギャラリーで絵画を見るのが好きです。研究室にも3点の油絵を飾っています。
絵画を見ていると、頭の中が整理される気分になりますね。世界をどう切り取るか、という視点は、研究で社会を見る時と通じるものがあると感じています。今は時間がとれずあまり行けませんが、時間がとれるときは京都の画廊にも足を運びます。特に好きなのは、西洋画と日本画が融合したような、明治から昭和頃の作品です。つまり日本の絵画にイノベーションが起こった時代です。

学生へのメッセージ

「常に臆病であれ」
人は目の前に大きな壁が立ちはだかると、逃げたい衝動に駆られます。しかし「限界は準備を重ねていくうちに限界が近づき、それが限界でなくなってくる」(小児外科医 高山篤行氏)。積極的なこころの働きから生まれる「臆病であれ」。臆病を越えた先には自信が待っています。

ゼミの紹介

企業は社会の中で活動しています。しかし、昨今の食品偽装や事故米など単に利益のみを優先した経営スタイルに多くの批判が起こっています。本演習では企業の経営活動の中心が社会との関係にあるという視点から捉え企業のあり方を学んでいきます。特に近年ビジネスを利用した社会的問題の解決が全国各地で行われるようになって来たので、そのような問題を中心に扱っていきます。

出身大学院

一橋大学大学院商学研究科博士後期課程

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP