教員紹介金光 淳

戻る

金光 淳KANAMITSU JUN

経営学部 准教授

学位
文学修士(早稲田大学)  修士(社会学)(シカゴ大学)
専門分野
ネットワーク科学 社会ネットワーク論(分析)ソーシャル・キャピタル論  経済社会学 観光社会学 ブランド論

研究テーマ

専門はネットワーク科学ですが、研究テーマ自体は極めて多様です。科研費(国から研究費を貰っている研究)では都市のブランドパワーと創造性を測定し都市パワーの地図を作成する研究と社外取締役に注目し企業ガバナンス、企業業績と企業の評判(コーポレイトレピュテーション)間の関係をさぐる大規模な研究を行っています。それによって観光による地域活性化のための場所ブランディングと企業の評判資本による民主主義的な規制の可能性を探ることを目的としています。

担当科目

経営社会学、東アジアの社会と企業グループ、ソーシャル・ネットワーク論

プロフィール

岡山県生まれですが、東京の下町で育ちました。学生時代から27年以上もMacを使う無類のアップル信者です。現在は誰もが驚くような京都の真ん中で京都生活を満喫し、買い物、ブランドが大好きです。何事にも関心があるので様々な分野の専門書で研究室は図書館状態です。一男一女の父で、建築レゴの作成が趣味(というか道楽)です。研究でも日常生活でも常に新しいものにチャレンジするのがモットーです。

学生へのメッセージ

格差が拡大し、グローバル競争の激しい現在の世界を生きるのは本当に「しんどい」ことです。まずはこれを自覚して社会の生成メカニズムを批判的にとらえましょう。これを変えてやるという意気込みで、多くのことを大学で学びつつ、地域活動を行って主体的な生き方を身につけてもらいたいです。自分の夢の実現のための企業への就職を否定しませんが、企業社会に従属する生き方自体も見直してほしいです。生き方は多様です。大学はそのための可能性を広げてくれます。

ゼミの紹介

課題を与えて厳しく指導するというより、学生の自主性を尊重するゼミです。人数が多く活気はありますが、やや規律にかけていると言えるかもしれません。ゼミでは座学と実践、フィールド調査のバランスをとるようにしています。現在は京都市の資金によって観光による地域活性化のための場所ブランディングとして北区のCM作りを行いながら観光社会学を理論的、実践的に学んでいます。夏のゼミ合宿ではテーマを決めて観光学の視点から観光地を調査します。婚活イベントや鬼ごっこはもうやっていませんので誤解なく。

出身大学および出身学部

早稲田大学 第一文学部

出身大学院

早稲田大学大学大学院社会学研究科
シカゴ大学社会学部博士課程

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP