招聘教授紹介

Richard I. Morimoto Professor, Northwestern University. (USA)

リチャード・モリモト招聘教授はシカゴ大学で博士号を取得し、ハーバード大学 マシュー・メセルソン教授(DNA複製を証明したメセルソン・スタールの実験で著名)の元でトレーニングを積まれた。独立後は、生物は環境にどのように適応するか?DNAにコードされた情報はその際どのように働くのか?を中心的な問いとして、ストレス応答の分野において華々しい成果を挙げられた。これらの研究から分かったことは、生体を構成するタンパク質は環境変化に弱く、高温などの環境ストレスにより速やかに機能を失うが、生体はそれに対する巧妙な防御機構を備えており、タンパク質恒常性(プロテオスタシス)が保たれているということである。近年は、プロテオスタシスの破綻により起こる老化や種々の疾患(アルツハイマー病など)の機序解明などに取り組まれており、この分野の代表的研究者の一人である。

主な業績

  1. E2F coregulates an essential HSF developmental program that is distinct from the heat-shock response. Li J, Chauve L, Phelps G, Brielmann RM, Morimoto RI.
    Genes Dev. Sep 29.2016
  2. Proteotoxic stress and ageing triggers the loss of redox homeostasis across cellular compartments.Kirstein J, Morito D, Kakihana T, Sugihara M, Minnen A, Hipp MS, Nussbaum-Krammer C, Kasturi P, Hartl FU, Nagata K, Morimoto RI.
    EMBO J. 14;34(18):2334-49.2015
  3. Repression of the Heat Shock Response Is a Programmed Event at the Onset of Reproduction. Labbadia J, Morimoto RI.
    Mol Cell. 20;59(4):639-50.2015.
  4. Protein aggregation can inhibit clathrin-mediated endocytosis by chaperone competition.
    Yu A, Shibata Y, Shah B, Calamini B, Lo DC, Morimoto RI.
    Proc Natl Acad Sci U S A. 111(15):E1481-90. 2014
  5. Regulation of organismal proteostasis by transcellular chaperone signaling.
    van Oosten-Hawle P1, Porter RS, Morimoto RI.
    Cell. 153(6):1366-78. 2013

F. Ulrich Hartl Professor, Max Planck Institute.(Germany)

DNAにコードされた遺伝情報はタンパク質に翻訳されることで機能を発揮する。翻訳されたタンパク質は自動的に機能を発揮すると以前は信じられていたが、この過程は決して自動的などではなく、むしろ多数の因子と化学エネルギーを必要とする非常に複雑な過程であることが現在では明らかとなっている(タンパク質フォールディングと呼ばれる)。
ウルリッヒ・ハートル招聘教授はこの解明において中心的な役割を果たし、遺伝子の機能発現における最後のステップを解明した研究者として広く認知されている。ガードナー国際賞(2004年)、アルバート・ラスカー基礎医学賞(2011年)など数々の栄誉に輝き、最近では、ライバルのアーサー・ホーウィッチ教授(米・イェール大学)と共に、ノーベル賞の最有力候補として毎年名前が挙がっている。

主な業績

  1. Soluble Oligomers of PolyQ-Expanded Huntingtin Target a Multiplicity of Key Cellular Factors.Kim YE, Hosp F, Frottin F, Ge H, Mann M, Hayer-Hartl M, Hartl FU.
    Mol Cell. 63(6):951-64. 2016.
  2. Failure of RQC machinery causes protein aggregation and proteotoxic stress.
    Choe YJ, Park SH, Hassemer T, Körner R, Vincenz-Donnelly L, Hayer-Hartl M, Hartl FU.
    Nature. 531(7593):191-5. 2016
  3. Widespread Proteome Remodeling and Aggregation in Aging C. elegans.
    Walther DM, Kasturi P, Zheng M, Pinkert S, Vecchi G, Ciryam P, Morimoto RI, Dobson CM, Vendruscolo M, Mann M, Hartl FU.
    Cell. 161(4):919-32. 2015
  4. GroEL/ES chaperonin modulates the mechanism and accelerates the rate of TIM-barrel domain folding. Georgescauld F, Popova K, Gupta AJ, Bracher A, Engen JR, Hayer-Hartl M, Hartl FU. Cell. 157(4):922-34. 2014
  5. Interplay of acetyltransferase EP300 and the proteasome system in regulating heat shock transcription factor 1. Raychaudhuri S, Loew C, Körner R, Pinkert S, Theis M, Hayer-Hartl M, Buchholz F, Hartl FU.
    Cell. 156(5):975-85. 2014

Nikolaus Pfanner Professor, Molecular Biology University of Freiburg.(German)

森 和俊 京都大学大学院 理学研究科 教授

嶋田 一夫 理化学研究所 生命機能科学研究センター 生体分子動的構造研究チーム チームリーダー

PAGE TOP