2014年度 採用企画

被災地・未災地 学生交流会〜未来への語らい〜

久保 力也(経済学部 2年次生) 奨励金:500,000円

 東日本大震災が発生した3週間後から,現地でボランティア活動や交流等を行ってきました。東北の学生には震災について語りたい、発信したいという思いがあり、他の地域では震災当時のことや現状を知りたいという学生がいることに気づきました。そこでお互いが語りあえる場を提供するなど、双方の学生のニーズが一致する企画を実現していきます。

京都でカフェ運営〜みんなを笑顔に〜 奨励金:375,066円

前田 亜緒衣(経営学部 3年次生)

 カフェ巡りが大好きで、次第に自分自身でカフェを営んでいきたいと思うようになりました。そして大学で学んだ経営の知識はどのくらい通用するのか実践で実感するため「笑顔になるカフェ」をテーマにカフェを経営します!

人生時計

國久 侑輝(経営学部 3年次生) 奨励金:157,280円<

 あなたは大学生活でやり残したことはありませんか?大学でもっと有意義な時間を過ごしてもらうために「人生時計」を作ろうと考えています。通常の時計とは違い、この時計は逆に時間が減っていき、大学生活のタイムリミットが秒単位で表示されるスマートフォンのアプリです。この減っていく時間をみて「今」という時間をもっと大切に有意義に過ごしてもらえたらと思います。

昔の伝統の遊び〜日本と外国人を繋ぐ〜

瀧元 駿来(経営学部 2年次生) 奨励金:245,440円<

 ゲーム機などが普及し、昔の遊びに触れる機会が少なくなりました。子どもたちや昔の遊びをあまり知らない外国人を対象に、昔の伝統の遊び(竹トンボ、羽子板、面子、けん玉等)の素晴らしさを伝えると同時に、国際交流や地域活性化につながることを期待しています。

奈良の伝統工芸の魅力を「つたえる」プロジェクト

難波 美帆(経営学部 4年次生) 奨励金:499,496円

 奈良の伝統工芸の魅力を伝えるため、東京の伝統工芸である「つまみ細工」と奈良の伝統工芸である「奈良晒」をかけ合わせた「大和つまみ」を新たに考案しました。ワークショップを開催し、「大和つまみ」をきっかけに奈良の伝統工芸の魅力を発信していきます。

PAGE TOP