益川塾セミナー「multi-local作用に基づいた自然性問題解決へのアプローチ」開催

日時 平成27年11月24日(火)13:00〜
場所 京都産業大学 1号館4階 談話室
講演題目 multi-local作用に基づいた自然性問題解決へのアプローチ
講演者 濱田 雄太 氏(京都大学)
対象 一般・学生・教職員(参加費無料)
申し込み 事前申込は不要。当日、直接、1号館4階 談話室へお越しください。

概要

 量子重力において時空のtopologyを変化させるような効果を考慮すると、低エネルギーの作用は通常のlocalなものでなくlocalな作用を掛け合わせたmulti-local型になることが示唆される。
 multi-local型の作用からは、 経路積分において場だけでなく理論の結合定数も積分されるべき変数となることが示される。
 本講演では、結合定数が力学的になる効果によって、標準模型や重力理論における微調整問題が解決される可能性を議論する。

お問い合わせ
京都産業大学 研究機構 益川塾担当
Tel.075-705-3105
E-mail:mtrec-office@star.kyoto-su.ac.jp