公的研究費の不正防止対策と不正防止への取組について

 京都産業大学では、従前から教職員に対し、高い倫理観の醸成と、公的研究費の不正防止等を目的とした規程等の整備を行うなど、積極的な取組を行ってまいりました。

 また、「研究機構における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日付、文部科学省)に基づき、本学における科学研究費補助金をはじめとする公的研究費の適正な運営・管理体制を構築し、研究活動を進めており、従前に増して、大学に対する内部統制など、不正活動防止のための取組が求められております。

 本学においても、これらの事実を深く受け止め、不正防止への取組について、より一層の体制整備を行うと共に、「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日付。文部科学大臣決定)に基づき、学内規程等の改正を行いました。こちらの活動の一環として、関連諸規程並びに不正防止計画をホームページ上にてお知らせ致します。

PAGE TOP