サポートを受けるための流れ

 大学でサポートを受けるための基本的な流れを紹介します。

 初回の授業からサポートが受けられるように、学期開始前までにご相談されることをお勧めします。なお、学期途中からのサポートも可能ですので、お声かけ下さい。

① 障がいのある学生(保護者)からのサポート要請、または他部署からの紹介

② スタッフと障がいのある学生本人(保護者)が面談

③ 学生本人・学部・関連部署・教員等に相談し、サポート内容を決定

④ 履修確定後、教学センターとボランティアセンターより、
「障がいのある学生の履修および試験に際してのお願い」文書を担当教員に配布

⑤ 障がいのある学生本人は、必要な配慮やサポートを受けて授業を受ける

⑥ その後も適宜相談をしながらサポートを進めていく

※ボランティアセンターでのサポートは修学支援になりますので、相談内容によっては他の関連部署にお繋ぎします。

PAGE TOP