障害のある学生へのサポート内容

主なサポート

聴覚に障害のある方(聞こえにくい・聞こえない方)

  • PCテイクサポート
  • ノートテイクサポート
    (養成講座を受講した学生サポーターによるサポート)

※軽度の難聴の学生への支援として、支援器具の貸与を行った例もあります。

視覚に障害のある方(見えにくい・見えない方)

  • 点訳
    資料やレジュメを点字にします。
  • ポイントテイクサポート(養成講座を受講した学生サポーターによるサポート)
    黒板を見渡すことや、自分でノートをとることが困難なロービジョンの場合、板書などの文字情報を大きくノートに書き写します。
  • 移動介助サポート
    キャンパス内を一人で移動するのが困難な場合、サポートをします。本サポートは、主に授業に伴う教室移動や出席を必要とする大学行事を対象とします。
  • 対面朗読サポート
    資料やレジュメを読み上げます。

肢体不自由、発達障害、高次脳機能障害、内部障害のある方

  • ポイントテイクサポート
    (養成講座を受講した学生サポーターによるサポート)
    自分でノートをとることが困難な場合、板書や重要な箇所を書き写します。

車いすを利用されている方

  • 移動介助サポート
    (学生サポーターによるサポート)
    車いすでキャンパス内を移動するのが一人では困難な場合、サポートします。本サポートは、主に授業に伴う教室移動や出席を必要とする大学行事を対象とします。

上記以外の障害のある方

 その他の障害に関しても、一人ひとりにあったサポート方法を本人と一緒に考えています。

PAGE TOP