三館合同展 平安京の文字 −掘り出された歴史−
特別講演会「平安京の文字」開催

 発掘調査により出土し、新たに発見される文字資料は、古文書や日記などの伝世された文字資料に書き記されていない事実を記録した貴重な歴史資料です。これまでの平安京跡の発掘調査でも、京都市の有形文化財に指定された平安宮跡出土の「内酒殿」木簡や「西三条第(藤原良相邸)」跡出土の日本最古とされる平仮名を記した墨書土器の発見は、平安時代の研究に大きな進展をもたらしました。今回の展示では、これらの木簡や土器、文字瓦などの出土遺物と調査写真や解説パネルを用いて調査・研究から明らかとなってきた平安京の歴史を紹介します。

 今回は京都産業大学ギャラリーと京都市考古資料館、平安京創生館の三館合同で同時に展示を開催しています。各館に展示された資料から平安京の文字文化を感じ取っていただければ幸いです。

 また9月27日にはむすびわざ館で以下のシンポジウムを開催いたします。

三館合同展 平安京の文字―掘り出された歴史―
日時 平成26年9月23日(火)〜平成26年11月15日(土)
場所 むすびわざ館 10時〜16時30分 ※入館は16時まで
京都市平安京創生館 10時〜17時
京都市考古資料館 9時〜17時 ※入館は16時30分まで
休館日 むすびわざ館 日曜日・祝日(9月23日・10月19日・11月2日は開館)
京都市平安京創生館 火曜日(祝日の場合は翌平日)
京都市考古資料館 月曜日(祝日の場合は翌平日)
入館料 無料
主催 京都産業大学ギャラリー
京都市生涯学習総合センター・公益財団法人京都市生涯学習振興財団
京都市考古資料館・公益財団法人京都市埋蔵文化財研究所

特別講演会「平安京の文字」

日時 2014年10月19日(日)12時30分開演 15時20分終演予定
会場 京都産業大学むすびわざ館2階ホール
講師 井上満郎氏(京都産業大学名誉教授・京都市埋蔵文化財研究所理事長)
吉野秋二氏(京都産業大学文化学部准教授)
丸川義広氏(京都市考古資料館)

申込方法

 1.氏名 2.氏名カナ 3.年齢 4.郵便番号 5.住所 6.電話番号 7.参加希望人数 を明記のうえ、ハガキかFAXにてお申し込みください。

応募者多数の場合は抽選となります。当選者の発表は聴講券の発送をもってかえさせていただきます。(聴講券は10月14日(火)発送予定です。)参加希望人数が複数の場合は、申込みいただいた方に人数分の聴講券をお送りいたします。応募の際にお送りいただきました個人情報は、聴講券の発送以外の目的では使用いたしません。

PAGE TOP