京都産業大学 キャンパスマガジン サギタリウス VOL.47
「今宮戎神社 福娘」に! 画像
「今宮戎神社 福娘」に!
商売繁盛の神様「えべっさん」で知られる今宮戎神社で、毎年1月9日から11日にかけて開催される十日戎。その福娘に選ばれ、本番前の官公庁や報道関係へのあいさつ回りや各種行事、当日の神社授与所での笹の授与などを行いました。

高校生のときに福娘の存在を知り、自分もやってみたいと思ったことが応募のきっかけでしたが、参加してみてあらためてその規模の大きさに驚きました。3000人の中から最終の40人に選ばれたときは頭が真っ白になり、なかなか実感がわきませんでしたね。
「今宮戎神社 福娘」に! 画像
笹に縁起物をつけるのが福娘の役割で、慣れない着物を着ての作業は想像以上に大変でしたが、参拝者の方から「顔を見てると福が来そう」などと声をかけられると、自分も役立っているんだと大きなやりがいを感じることができました。

期間中は睡眠時間も短く、体力的にも大変でしたが、体験を通じて自分で限界を決めず最後までやりきることの大切さを実感。自信もつきました。
法政策立案コンテストで京都府知事賞を受賞! 画像
法政策立案コンテストで京都府知事賞を受賞!
昨年12月に開催された第5回政策系大学・大学院交流大会「京都から発信する都市政策」に参加。当日は約50組のグループがそれぞれ考案した政策を口頭発表し、「京都府知事賞」に選ばれました。
法政策立案コンテストで 画像
私たちは児童虐待をテーマに取り上げ、まずは現状を調べるために日本各地の何百という自治体の取り組みを調査し、効果のありそうな政策を探りました。その中で、医師が虐待の疑いのある児童を診察した際に、その判断に迷う場合は、専門家に相談し、虐待の有無を確かめる「ドクターアドバイザーシステム」の導入や、出産直後に発生する「産後うつ」の早期発見のためのチェックリストの導入などを提案。今後は、自分たちが立案した政策を行うことによってどのような効果があるのかという部分を検証するとともに、その成果などをホームページで発信し、まだまだ認知度の低い児童虐待の現状や政策の取り組みについて広めていければと思います。
高知大とコラボ合宿。 画像
高知大とコラボ合宿。
昨年12月に、1泊2日の「高知大・京産大就活コラボ合宿」を開催しました。キャリア形成支援プログラムの「O/OCF」受講生で、就職活動に向けての準備と実践を兼ねたプロジェクトを立ち上げました。企画から運営までを自分たちで手がけ、高知大の学生とグループディスカッションや模擬面接、交流企画などを実施。今回のプロジェクトでは「考えて、出して、気付いて、共有する」をテーマに、ここで得た経験を次の行動を起こすきっかけにすることを目標としました。合宿参加者にとったアンケートでは、ほとんどの人が「満足できた」という結果で、大成功を収められたと思います。私たちも企画・運営を通じて、意見をひとつにまとめることの難しさを実感するとともに、コミュニケーション能力や仲間との絆も深まりました。このプロジェクトは就職活動を意識するとてもいい機会になるので、これから就職活動を行う後輩たちに続けていってもらいたいですね。
高知大とコラボ合宿。 画像
同好会サッカーの選手権大会を運営! 画像
同好会サッカーの選手権大会を運営!
近畿の14大学で同好会サッカーに取り組む学生らが、大学対抗で試合をする「関西学生同好会選抜サッカー選手権大会」を立ち上げました。「社会に対して何か価値を提供できる団体を作る」ことを目的に昨秋同プロジェクトをスタートさせ、呼びかけに応じてくれた同志社大、同志社女子大、平安女学院大の学生とともに実行委員会「mosty place」を結成。大会に参加してくれる各大学の学生との調整からスタジアムの確保、パンフレットの作成、スポンサー集めまで、そのすべてを自分たちで手がけました。大会は3月に14大学18チームによる予選リーグ・決勝トーナメントを5日間で開催。大会終了後には大きな達成感があったのはもちろん、自分たちで企画し、実際に行動するという活動を通じて、あらゆる面で大きく成長できたと思います。今後も年に1回のペースで大会を継続していき、最終的には日本サッカー協会の公認を得て、全国大会にするのが目標です。
同好会サッカーの選手権大会を運営! 画像
トップページに戻る
「輝け!京産大の星」バックナンバー
京都産業大学 キャンパスマガジン サギタリウス VOL.47
PAGE TOP