経営学部

マネジメント学科

マネジメントはあなたと社会を変える力。

2019年4月再編※設置申請予定
(内容は予定であり、変更が生じる場合があります。)

Re:経営学

将来、組織や運営をマネジメントするための学びならば、
大学生活という4年間も自らマネジメントする力が必要。
なのに、カリキュラムという名の枠組みの中で、
一人ひとりのマネジメント力を狭めていませんか。
私たちが提供する経営学では、3つの大きなドメインに分けた学びの領域を
自分の目標に向けて組み合わせながら、うみだしたい未来へ挑戦するチャンスを広げます。
失敗しても、それこそがマネジメント力を磨くために不可欠な学び。
教員という名のコンサルタントと共に、
あなただけの経営学を、成長スタイルを創り上げてほしい。
未来への挑戦は、入学直後から始まります。

組織を動かす力とは統合力。
マネジメントの
全てを学ぶ。

マネジメントを
広く学際的に学ぶ

組織の未来を左右する決断を下すとき、例えば「人事の視点から」、「会計の視点から」だけで決められるでしょうか? 新学部では「戦略と組織」「マーケティングとイノベーション」「アカウンタビリティとガバナンス」という3つのドメイン(領域)で経営学を網羅。統合的なマネジメント力を培います。

まず創るべきは
自分という
“事業”。

特定のドメインを軸に
深く学ぶ

経営学の全てを3つのドメイン(領域)で区分し、それぞれの授業を自由に組み合わせながら学びます。経営において時間も資産も有限です。3つの領域を横断して学ぶと同時に、3年生以降は、個々の学生の興味・関心に沿って主軸のドメインを選んで深く学び、専門性を高めて新たな価値を創造する力を身に付けます。

不確実な時代。
“判断”の実践を
繰り返せ。

実例をアクティブに学ぶ

理論を学ぶことも大切ですが、判断・決断を下すマネジメントの統合力は、経験の数が育てます。実践の中で、さまざまな「判断・決断」を体験しましょう。AppleやAmazonなど世界中の企業が直面してきた経営判断の事例も紹介。自分自身のマネジメント能力に磨きをかけます。

Images of Change

新たな 経営学あなた で、未来を変える!

ワークライフバランスの問題をどう変える?

一組織の中だけで取り組まれてきた "社内型"ワークライフバランス

組織や国境も超え、課題をシェアする "グローバル型"ワークライフバランス

マネジメントは企業の中で用いられるイメージがありますが、これを「家庭という組織のマネジメント」に応用したらどうなるでしょう?また、企業の枠や国の枠を超えて仕事をシェアすることにマネジメントを応用してみては?新たな観点から暮らしも変えていけます。

商品開発の仕組みをどう変える?

企業内で行われている 社内商品開発

消費者同士が意見を交わし合う 消費者チームによる商品開発

マーケティングでは消費者の志向をどこまで深く捉えられるかもひとつの鍵。例えば消費者による開発チームを創造して商品企画をつくり、その企画を形にする。そんな手法も、マネジメントの力を駆使すれば可能です。

4年に1度の「平和の祭典」をどう変える?

開催地・自治体が運営する 都市主導型運営

世界中の市民が知恵や意見を出し合う 市民主導型運営

大会は世界のみんなが楽しむもの。開会式や開催競技、運営方法などについて世界中から意見を集めることも、新しい価値を創造する地球規模のマネジメント。マネジメントの力を応用すれば、いろんなイベントや組織が世界中の人をハッピーにできます。