神山天文台研究プロジェクト

古典新星(Classical Nova)の分光観測研究
~新星爆発の謎を追う~

時折、夜空の一角に突然、明るい星が出現することがあります。そのような天体は、多くの場合、恒星の爆発現象です。なかでも新星と呼ばれる特殊な星の爆発は、私たちの太陽系の起源や銀河系の歴史・進化にも関係しており、多くの謎を秘めています。神山天文台では、この新星の謎を追いかけています。

研究プロジェクトの紹介

図1:新星爆発の想像図(©NASA)。
伴星から主星である白色矮星にガスが流れ込んでおり、白色矮星表面で一定の条件を超えた場合に、熱核暴走反応が起こり、白色矮星表面のガスが飛散する。

神山天文台では2010年の設置以来、様々な観測研究、開発研究を行ってきました。その中でも、「古典新星の観測的研究」は、天文台設置直後から口径1.3m荒木望遠鏡を用い、独自の開発装置を駆使して行ってきた重要テーマのひとつです。

古典新星は(以下、単に「新星」)、激変星(Cataclysmic Variable: CV)と呼ばれる特殊な連星系における変光現象の一種であり、白色矮星(White dwarf : WD)と主系列の(あるいは進化の進んだ)恒星から成る近接連星系における、爆発的な質量放出を伴った増光現象です。これは、伴星から白色矮星表面に降り積もったガスが、白色矮星表面において急激な核融合反応である「熱核暴走反応 (Thermo-Nuclear Runaway: TNR)」を起こすことによって生じます。白色矮星表面のガスが吹き飛んでしまった後、白色矮星表面には再び伴星からのガスが降り積もり、爆発が繰り返すと考えられています(こうした進化の果てに、Ia型超新星が誕生するのではないかとも考えられています)。

神山天文台では、様々な望遠鏡および観測装置を用いて新星を観測し、その本質に迫る研究を継続しており、国内唯一の新星観測研究拠点として多くの科学的成果を創出しています。

研究テーマ

新星爆発における元素合成プロセスの解明

新星における分子生成・ダスト生成の解明

新星爆発の多様性解明

新星爆発の運動・幾何学

世界規模の可視光・分光観測ネットワーク構築

関連出版論文リスト

  1. Arai et al.(2017),"The spectral evolution of nebular phase from Nova V5668 Sgr",Journal of Physics: Conference Series,  771.1
  2. Kawakita et al. (2017), "Mid-infrared Spectroscopic Observations of the Dust-forming Classical Nova V2676 Oph", Astronomical Journal, 153.74
  3. Kawakita et al. (2016), “The evolution of photospheric temperature in nova V2676 Oph toward the formation of C2 and CN during its near-maximum phase”, 日本天文学会欧文報告誌(Publication of the Astronomical Society of Japan), 68, 87
  4. Arai et al. (2016), "Origins of Absorption Systems of Classical Nova V2659 Cyg (= Nova Cyg 2014)", The Astrophysical Journal, 830, 30 
  5. Tajitsu et al. (2016), "The 7 Be ii Resonance Lines in Two Classical Novae V5668 Sgr and V2944 Oph", The Astrophysical Journal, 818, 191.
  6. Kawakita et al. (2015), "Molecular Formation in Classical Novae: The Case of V2676 Oph",  EAS Publications Series, Volume 71-72, 2015, pp.147-148
  7. Tajitsu et al.(2015), “Explosive Li production in the classical nova V339 Del (Nova Delphini 2013)”, Nature, 513, 381
  8. Kawakita et al. (2015), “Formation of C2 and CN in nova V2676Oph around its visual brightness maximum”, Pub. Astron.Soc. Japan, 67, 17
  9. Arai et al. (2015), “Optical Low Resolution Spectroscopic Observations of T Pyx during the Early Phase of 2011 Outburst”, Acta Polytechnica CTU Proceedings, Vol.2, No.1, 257 6. Kajikawa et al. (2015a), “Line Evolution of the Nova V5587 Sgr from Early to Nebular Phase”, Acta Polytechnica CTU Proceedings, Vol.2, No.1, 242
  10. Kajikawa et al.(2015b), “Spectroscopic Monitoring Observations of Nova V1724 Aql in 2012”, Acta Polytechnica CTU Proceedings, Vol.2, No.1, 2388. Nagashima et al.(2015), “Detection of Diatomic Molecules in the Dust Forming Nova V2676 Oph”, Acta Polytechnica CTU Proceedings, Vol.2, No. 1, 212
  11. Nagashima et al. (2014), “The Transient Molecular Envelope in the Outflow of the Nova V2676 Oph during Its Early Phase”, Astrophys.Journal Letters, 780, L26
  12. Arai et al. 2013, “Spectral Features of KT Eri in its Nebular Phase”, in proc. of IAU Symp. 281 (2011), 119
  13. Nagashima et al. 2013, “Optical and Near-Infrared Observations of Classical Nova V1723 Aql”, in proc. of IAU Symp. 281 (2011), 121
  14. Nagashima et al. (2014), “The Transient Molecular Envelope in the Outflow of the Nova V2676 Oph during Its Early Phase”, Astrophys. Journal Letters, 780, L26
  15. Arai et al. 2013, “Spectral Features of KT Eri in its Nebular Phase”, in proc. of IAU Symp. 281 (2011), 119
  16. Nagashima et al. 2013, “Optical and Near-Infrared Observations of Classical Nova V1723 Aql”, in proc. of IAU Symp. 281 (2011), 121
PAGE TOP