外国語学部教員が研究成果について公開・解説する生涯学習講座 「ヨーロッパの今 フランス社会の分断と結合−多様性と共生に向けて」 「ヨーロッパの今 EU(欧州連合)と日本の通商交渉−先進国の行方を探る」

2015.11.06

TAG:

メディア掲載プレスリリース

京都産業大学では、大学の教育・研究活動を広く社会に還元することを目的として、本学教員の幅広い専門教育・研究分野の多様な視点から、過去・現在・未来を捉え解説する「生涯学習 むすびわざ講座 公開コース」を毎月2回(8・2・3月を除く)開講しています。11月は、外国語学部の教員による「ヨーロッパの今 フランス社会の分断と結合−多様性と共生に向けて」と「ヨーロッパの今 EU(欧州連合)と日本の通商交渉−先進国の行方を探る」を開講します。


 京都産業大学では、地域社会の教養・文化の高揚に寄与するため、研究成果を公開する「生涯学習 むすびわざ講座」を開講しています。幅広いテーマについて本学教員がわかりやすく解説する「公開コース」(全18回)のうち、11月14日(土)は本学外国語学部の荒井 文雄教授が講師の「ヨーロッパの今 フランス社会の分断と結合−多様性と共生に向けて」を、11月28日(土)には本学外国語学部の鈴井 清巳教授が講師の「ヨーロッパの今 EU(欧州連合)と日本の通商交渉−先進国の行方を探る」を開講いたします。

リリース日:2015-11-06

PAGE TOP