京都産業大学神山天文台 天文学講座 第3回 「小型屈折補償光学装置(CRA0)」の開発のご案内

2015.10.16

TAG:

メディア掲載

 10月24日、神山天文台にて「天文学講座 第3回『小型屈折補償光学装置(CRA0)』の開発」を開催します。講演終了後には、講師と参加者がお茶を飲みながら気軽に交流できる「アストロノミー・カフェ」を開設して天文学に親しんでいただける場を提供しています。

※天文学講座:天文学の最前線について学内外の研究者による講演会を、天文学や宇宙に興味のある一般の方々を対象に、年に数回実施しています。

 補償光学とは、波面センサーと可変形鏡を高速で制御することにより、大気ゆらぎによる星像の劣化をリアルタイムに補正し、天体望遠鏡の空間分解能を向上させる技術です。
 本講演では、既存の補償光学装置よりもコンパクトかつ低コストを目指して開発中の、小型屈折光学系補償光学装置(CRAO)をご紹介します。

リリース日:2015-10-16

開催日時平成27年10月24日(土)14:30~16:00(受付14:00~)
※講座終了後にはアストロノミー・カフェを開催致します。(16:00~17:30)
講師藤代 尚文 (京都産業大学 神山天文台 専門員)
場所京都産業大学 神山天文台 地下1階サギタリウスホール
参加費無料(入館料も不要)
申込方法申込不要・直接神山天文台へお越し下さい
対象中学生以上の方
後援京都市教育委員会
問合せ先京都産業大学 神山天文台
TEL:075-705-3001/FAX:075-705-3002
PAGE TOP