京都産業大学DAY 2015 in名古屋 漫画家・松本零士氏 公開講演会「大宇宙の旅〜荒木俊馬博士と私〜」開催

2015.08.03

TAG:

メディア掲載

 京都産業大学では「知の発信」をコンセプトに、保護者・卒業生・一般の方を対象にした交流行事を「京都産業大学DAY」と称し、全国各地で展開しています。8月23日(日)には、名古屋で「京都産業大学DAY 2015 in名古屋」を開催します。
公開講演会では漫画家で京都産業大学客員教授の松本零士氏が「大宇宙の旅〜荒木俊馬博士と私」をテーマにお話しいたします。

 京都産業大学の創設者・荒木俊馬(あらき としま)は、宇宙物理学者であり、京都産業大学のキャンパスにある神山天文台には荒木の名を冠した、国内私立大学最大口径の「荒木望遠鏡」が設置されています。また、京都産業大学では、2016年4月には、理学部に「宇宙物理・気象学科」* を新設します。宇宙物理学と大気科学を基礎から学び、神山天文台などの学内研究施設を生かした充実のカリキュラムで、惑星大気や宇宙をひも解きます。

 荒木が少年向けに宇宙のなりたちについて執筆した著書『大宇宙の旅』は、松本零士氏が自身の作品の原点とされており、「この本に巡り合えなかったら自分の歩む道は違ったものになっていた」と述べられるほどです。今回の講演では、松本氏の宇宙への想い、そして宇宙の魅力について伝えた『大宇宙の旅』との出会いについてお話しいただきます。

* 設置申請中:内容は予定であり、変更が生じる場合があります。

講師プロフィール
松本 零士(まつまと れいじ) 京都産業大学客員教授
漫画家。福岡県久留米市生まれ。日本宇宙少年団理事長、大型児童館ビッグバン名誉館長、大和ミュージアム名誉館長、日本漫画家協会常務理事。代表作に「宇宙戦艦ヤマト」、「銀河鉄道999」、「キャプテンハーロック」など。

京都産業大学DAY
保護者に向けての修学・就職などに関する説明や、個別懇談のほか、教職員、保護者、卒業生との交流会、また、一般の方も含めた参加者を対象に、教員による講演などを実施している。2015年度は、京都、東京、金沢、名古屋、草津、岡山、高松、熊本の全国8か所で開催。

日時2015年8月23日(日) 10:30~11:50 (受付開始10:00)
場所名古屋ガーデンパレス (愛知県名古屋市中区錦3-11-13)
講師松本 零士 京都産業大学客員教授
参加費参加無料・事前申込制 (募集は締め切っております)
問合せ先京都産業大学 連携推進室
TEL:075-705-2952
PAGE TOP