京都産業大学×箕面公園昆虫館夏休み講座 in グランフロント大阪 「昆虫からのメッセージ」 開催

2015.07.28

TAG:

メディア掲載

本学 ミツバチ産業科学研究センターと、人気テレビ番組をはじめ各種マスコミに登場する箕面公園昆虫館の名物館長 久留飛 克明氏とのコラボイベントをグランフロント大阪 CAFE Lab.にて開催します。



京都産業大学 ミツバチ産業科学研究センターは、2012年より箕面公園昆虫館(大阪府箕面市)と連携協定を結び、ミツバチや蜜源植物についての調査や昆虫館での「ミツバチ生態展示」などを行っています。



今回は、「昆虫」をテーマに、本学教員と箕面公園昆虫館館長が講師となり、小中学生を対象に夏休み講座を開催します。「進化」、「地球温暖化」、「糖尿病」をキーワードに、「昆虫」が私たち「人間」にどのようなメッセージを届けているのかを解説します。



是非、広くご紹介いただくとともに、ご取材いただきますようお願い申し上げます。

開催日時2015年8月4日(火) 13時00分~16時00分
場所CAFE Lab.グランフロント大阪北館ナレッジキャピタル1F
(〒530-0011 大阪市北区大深町3-1(北館))
プログラム1時間目「昆虫は何者か?」
  久留飛 克明  箕面公園昆虫館 館長

2時間目「昆虫から学ぶ生物の進化:テントウムシと地球温暖化」
  野村 哲郎   京都産業大学 ミツバチ産業科学研究センター長

3時間目「ハチミツ、ローヤルゼリーと糖尿病」
  松本 耕三   京都産業大学 ミツバチ産業科学研究センター員
対象者小学生、中学生、一般
申込み詳細はこちら
問合せ先京都産業大学 研究機構(研究支援担当)
Tel:075-705-1468/FAX:075-705-1966
PAGE TOP