新型コロナウイルス感染症に係る対応について(第5報)

2021.01.13

  =第4報から変更のあった箇所

緊急事態宣言を受けて

京都府が新型インフルエンザ等対策特別措置法にもとづく「緊急事態宣言」の対象となりました(期間:1月14日(木)~2月7日(日))。
本学では以下のとおり対応いたしますのでお知らせします。
なお、懇親会(飲み会,コンパ)等への参加や人が集まる場所への外出等を自粛してください。
特に、20時以降の外出は控えてください。

授業

授業は、対面授業を含めて原則として予定どおり行います。

課外活動

本学の「課外活動再開ガイドライン」及び各団体の定める「活動計画書」に基づき活動を認めます。
なお、合宿・遠征は禁止しています。

入退校

20時までに退校してください。

感染および感染の疑いがある場合

新型コロナウイルス感染症の診断を受けた場合や、保健所から濃厚接触者と指定され、検査や自宅待機を指示された場合は、本学保健管理センター(075-705-1511)へ連絡してください。

その他

政府・自治体による要請等により、変更・追加等が生じることがありますので、WEBサイト等をご確認ください。

1. 活動指針レベル

「京都産業大学の新型コロナウイルス感染症に対する活動指針」で規定している活動指針レベルは、9月3日(木)付で「2」としました。

※活動指針レベルの判定については、学生の皆さんの安全を最優先し、国内の緊急事態宣言の発令状況、近隣府県の状況、京都市内の状況に加え、政府等からの各種要請、社会情勢、他大学の状況等も考慮のうえ、京都産業大学新型コロナウイルス感染症緊急対策本部において総合的に判断していきます。

2. 京都産業大学の新型コロナウイルス感染症に対する活動指針【2020年9月3日改定】(PDF)

本活動指針に基づいて、本学の諸活動における感染状況に応じた感染防止対策を規定しています。

3. 新型コロナウイルス感染拡大予防のためのガイドライン【第2.2版】(PDF)

本ガイドラインに基づいて「新しい生活様式」を積極的に実践し、感染症対策の取組を講じています。なお、政府等による各種要請や社会情勢に合わせて、今後も随時更新します。

4. キャンパスへの入構

次の事由における本学学生の入構を可能とします。

  1. 対面授業により行われる授業科目(POSTで確認してください。)の履修者の受講
  2. 対面授業により行われる実験科目に関連する、所定授業時間外の作業(学内の施設や装置及び設備を用いることが不可欠な場合に限る)
  3. 卒業論文の作成のための対面指導
  4. 図書館、情報処理教室、ラーニングコモンズ・グローバルコモンズの利用(事前予約が必要な場合があります)
  5. 大学主催または大学が認める行事やイベントへの参加
  6. スポーツ強化推進室又は学生部が活動を許可した課外活動
  7. 個別相談窓口の利用(事前予約が必要な場合があります)
  8. 各種証明書等の発行に関する利用
  9. 学内でのアルバイト
  10. 大学の活動に協力する学生団体の活動

キャンパスへの入構に際し公共交通機関を利用する場合には、可能な限り混雑する時間帯を避ける、時間に余裕をもって行動する等、感染予防に努めてください。
また、キャンパスに入構する学生全員を対象に、神山ホール1階エントランスロビーにおいて、サーマルカメラを使った検温を行います。各時限の授業開始前には、入構者が集中することが想定されますので、時間に余裕を持って登校してください。
※詳細はPOST(9月2日付「キャンパス入構時における検温の実施について」)を確認してください。

5. 秋学期授業の形態

2020(令和2)年度 秋学期の授業は、①オンラインで行う授業、②対面で行う授業、③オンラインで行う授業と対面で行う授業を組み合わせた授業、の3つの形態で行います。対面で行う授業については、9月21日(月)から実験・実習・演習科目を中心に、キャンパス内の状況も踏まえながら段階的に対象科目を広げていきます。具体的な対面で行う科目、段階的な実施計画、時期等の詳細については、随時POSTにて連絡します。
通学が困難である等の理由により、対面で行う授業に出席できない場合については、オンラインでの受講を可能とする等の対応を行います。

6. 秋学期定期試験

2020(令和2)年度秋学期については、春学期同様、定期試験(定期筆記試験、定期レポート試験)、追試験は行いません。成績評価は、授業で課される授業時の試験、レポート、課題提出、発表等(科目によって評価方法は異なります。)によって評価されます。詳細については、あらためてPOST等にて科目ごとに連絡します。

7. 課外活動

3密対策及び感染防止の取り組みが十分に認められる場合に限り、活動を制限したうえで許可します。ただし、合宿・遠征は禁止します。

8. 図書館、情報処理教室、ラーニングコモンズ・グローバルコモンズ・スチューデントコモンズ

入館・入室にあっては、マスクを着用し、入館時には各自手や指の消毒など入館・入室にあたっての運用基準に従ってください。これらのことが守られない場合は入館・入室ができません。

図書館

開館日・時間 平日(月~金):10:00~17:30
土曜日:10:00~12:00
利用時間 制限なし
利用サービス 貸出・返却・閲覧(180席)・休憩室
利用人数 収容人数の20%を目途とします。混雑時には入館制限を行います。
閉室施設 ナレッジコモンズ・視聴覚室・グループ学習室・研究個室・パソコン室は利用できません。
その他 図書館資料の貸出郵送サービスは、対象者を限定して継続します。
【対象者】
秋学期の受講科目がすべてオンライン授業で行われるなど、大学へ来る必要のない方
通学が困難である等の理由により、対面で行う授業に出席できない方

情報処理教室

開室日・時間 平日(月~金、ただし休日開講日以外の祝日は休室):10:00~16:00
利用可能教室 10号館情報処理教室(ただし、授業利用がある場合は利用不可)
利用人数 収容人数の50%を目途とします。混雑時には入室制限を行います。

ラーニングコモンズ

開室日・時間 平日(月~金): 9:00~16:30
利用可能スペース 3階スペース(2階スペースは利用不可)
利用方法 先着順
利用時間 3時間(午前午後の入替制とします。1日複数回利用可)
利用人数 54名を上限とします。混雑時には入室制限を行います。
その他 PC貸出を行います。学習相談は原則オンラインで行います。
・グループ学習が可能です。(グループができるエリアを限定)
・授業によるスペース予約を受け付けます。

グローバルコモンズ

開室日・時間 平日(月~金):9:00~16:00
土曜日:9:00~10:45
(11月30日以降は、平日:9:00~16:30 土曜日:9:00~12:30)
利用方法 先着順
利用時間 2時間
利用人数 80名を上限とします。混雑時には入室制限を行います。
その他 PC、ICT機器の貸出を行います。グループ学習室は利用できません。学習相談は原則オンラインで行います。

スチューデントコモンズ

利用できません。(授業で使用の希望があれば開館を検討します。)

9. 学生食堂、売店

学生食堂

営業日・時間・営業施設 詳細については、POSTを確認してください。

売店

営業日・時間 詳細については、POSTを確認してください。
営業施設 ブックセンターAscella、Campus Shop M's style、ナジック学生情報センター
利用人数 混雑時には入場制限を行います。

10. 各種窓口

原則、事前予約制にて対応します。各種証明書の発行については、「証明書発行」をご確認ください。窓口への訪問の際は、マスクの着用など感染症対策をしてください。対策ができていない場合は、対応を控えさせていただきます。

11. 学生生活

新型コロナウイルスが、いつ、どこで感染し、他人に感染させるかわからないウイルスであることを認識し、京都産業大学の学生としての自覚と誇りを持ち、「新しい生活様式」を積極的に実践してください。
懇親会(飲み会、コンパ)等への参加や人が集まる場所への外出等については、引き続き、自粛を要請します。自らの責任ある行動が自身を、そして大事な人の命を守ることにつながることを忘れないでください。
なお、新型コロナウイルス感染症の診断を受けた場合や、保健所から濃厚接触者と指定され、検査や自宅待機を指示された場合は、本学保健管理センター(075-705-1511)へ連絡してください。

12. 接触確認アプリ「COCOA」

スマートフォンに接触確認アプリ「COCOA」(厚生労働省)をインストールしてください。

13. その他

対面授業の合間や連続する時限のオンライン授業の受講ができるよう一部の教室を自習室として開放します(PC等の設置はありません)。詳細については、POSTで確認してください。
総合体育館トレーニングルームの一般利用はできません。

14. ガイドラインに基づく感染症対策の取組(一例)

(1)基本的な項目

  1. 大学に入構する前に自宅で検温し、健康状態のチェックをお願いします。
  2. 大学に入構する際は、マスクの着用をお願いします。
  3. 大学に入構する者に対しサーマルカメラ等で検温を行い、必要に応じて入構を制限します。
  4. 各施設の入口全てに消毒液を配置していますので、入館時には各自手や指の消毒をお願いします。
  5. 各施設においては、必要に応じて混雑時の入館・入室制限を行います。
  6. 窓口には、消毒液、飛沫感染防止パネル等を設置し、職員はマスクまたはフェイスシールドを着用の上、ソーシャルディスタンスを確保して対応します。

(2)授業運営

  1. 「3密」を避けるため、オンライン授業と対面授業を併用して実施します。
  2. 対面授業は、概ね1m以上間隔またはそれに相当する措置を講じた教室で実施します。
  3. 対面授業の実施にあたり、教員は、マスクまたはフェイスシールドを着用します。
  4. 対面授業の実施にあたり、各教室の利用者は、教室の窓、扉を常時または一定の時間間隔で開放し、換気を行います。
  5. 対面授業の実施にあたり、各教室の利用者は、使用した教室のドアノブ、教卓、スイッチ、マイク、実験機器等を、使用後に消毒液や除菌シートにより拭き取り作業を行います。

(3)図書館

  1. 使用できる机・椅子を制限する等により、座席の間隔を確保します。
  2. 図書資料の郵送サービスを併用します。
  3. 利用者は、使用した机、椅子等を使用後に除菌シートにより拭き取り作業を行います。

(4)情報処理教室

  1. 使用できるPCを制限する等により、座席間隔を確保します。
  2. 利用者は、使用した机、椅子、パソコンのキーボード、マウス、プリンター等を使用後に除菌シートにより拭き取り作業を行います。

(5)ラーニングコモンズ・グローバルコモンズ

  1. 使用できる机・椅子を制限する等により、座席の間隔を確保します。
  2. オンラインサービスを併用します。
  3. 利用者は、使用した机、椅子等を使用後に除菌シートにより拭き取り作業を行います。

(6)厚生施設

学生食堂

  1. 従業員はマスクまたはフェイスシールドを着用します。
  2. 使用できる机・椅子を制限する等により、座席に間隔を確保します。
  3. パーティションを設置し飛沫感染を防止します。
  4. レジ等に並ぶ場合は、フロアマーカー等により間隔を空けるようにします。
  5. 利用者の食事中の会話を控えていただくよう周知します。

売店

  1. 従業員はマスクまたはフェイスシールドを着用します。
  2. 順番待ちが店外に及ぶ場合は、従業員が間隔を保つように誘導します。
  3. レジ等に並ぶ場合は、フロアマーカー等により間隔を空けるようにします。
  4. レジと購買者の間に飛沫感染防止パネル等の仕切りを設置します。
お問い合わせ先
取扱時間 平日:9:00~16:30(13:00~14:00閉室)
①活動指針、ガイドライン、キャンパス入構について
総務部 Tel.075-705-1408
②秋学期授業、秋学期定期試験について
教学センター Tel.075-705-1425
③図書館について
図書館 Tel.075-705-1446
④情報処理教室について
情報センター Tel.075-705-1483
⑤ラーニングコモンズ・グローバルコモンズ・スチューデントコモンズについて
教育支援研究開発センター Tel.075-708-1729
⑥課外活動、学生食堂、売店について 学生部 Tel.075-705-1432
⑦各種窓口取扱、その他のお問い合せについて
・各種証明書等の発行、修学に関すること
 教学センター Tel.075-705-1425
・所属学部事務室 各学部事務室連絡先:https://www.kyoto-su.ac.jp/faq.htmlを参照
・進路・就職に関すること
 進路・就職支援センター Tel.075-705-2945
・学生生活に関すること
 学生部 Tel.075-705-1432
PAGE TOP