江戸時代の天皇即位儀礼を紐解く!京都産業大学図書館Lib.トーク開催

2019.11.12

京都産業大学図書館は、学生と講演者との対話を重視した参加型イベント「Lib. トーク」を開催します。今年度2回目となる今回は、現在挙行されている新天皇の即位に関する一連の行事を踏まえ、江戸時代の天皇の即位儀礼について、本学図書館の貴重書を紹介しつつ、考えます。

【本件のポイント】
・今年は新天皇の即位に関する諸行事が実施され、関心が高まっている。このような状況を踏まえ、江戸時代における天皇の即位儀礼の在り方を解説する。
・本学図書館には、近世天皇の即位に関する学術的に貴重な資料がいくつか所蔵されている。今回は『為房筆 御即位図』や『後桜町天皇即位図巻』などを用い、近世中後期の後桜町天皇(女性天皇)を中心に、江戸時代の天皇の即位の様子を紹介する。
・後桜町天皇については、本学の日本文化研究所※において長く共同研究が行われてきた。この共同研究の中心にいた、文化学部 若松正志教授が講師を務める。

※京都産業大学日本文化研究所とは、本学が設置する6つの研究所のうちの1つで、日本の文化、経済・産業、社会等を重点とする学際的、総合的な共同研究調査を推進し、地域活性化に貢献するとともに、学術の進歩発展に寄与することを目的としている。

リリース日:2019-11-12

京都産業大学Lib.トーク「近世天皇の即位儀礼と本学図書館の貴重書」

日時 2019年11月21日(木) 17:00~18:30 (開場16:30)
場所 京都産業大学図書館 1階 ナレッジコモンズ(図書館ホール)
講師 京都産業大学文化学部 若松正志 教授
(京都産業大学日本文化研究所[※]所員)
対象 本学学生・教職員・一般
参加人数 150人・申込不要(入場無料)
※京都産業大学日本文化研究所とは、本学が設置する6つの研究所のうちの1つで、日本の文化、経済・産業、社会等を重点とする学際的、総合的な共同研究調査を推進し、地域活性化に貢献するとともに、学術の進歩発展に寄与することを目的としている。
お問い合わせ先
内容について:京都産業大学 図書館
京都市北区上賀茂本山
Tel.075-705-1446
取材について:京都産業大学 広報部
Tel.075-705-1411
PAGE TOP