フィールド・リサーチ(社会安全)、司法における外国語の役割受講生による京都府警本部合同訪問

2019.08.30

TAG:

トピックス教育法学部
8月30日に京都産業大学法学部フィールド・リサーチ(社会安全)と司法における外国語の役割(集中講義)受講生が合同で京都府警本部を訪問しました。

最初に京都府警本部の警察広報センターを訪れ、その後、交通管制センター、110番通報を受信する通信指令センターを見学しました。次に国際通訳センターの方から、実際の国際刑事捜査現場のお話しを聞き、そして採用係から警察官採用試験、警察業務の説明を受けました。最後に京都産業大学卒業生である現役警察官からお話を聞く機会を設けていただき、参加学生は積極的に様々な質問を卒業生警察官にしていました。

参加した学生からは「泥棒の逮捕から交通安全まで、警察業務の幅広さがわかった」、「来日外国人が増加する中、警察がそれにどう対応していくのかがわかった」、「卒業生が活躍している話を聞いて、私も警察官になる決意を新たにした」などの感想が寄せられた。
110番通報を受信する通信指令センターを見学
座談会の様子
参加学生の記念写真
PAGE TOP