経営学部1年次生配当科目「ベーシック・セミナー」内で就職および留学ガイダンスを実施しました

2019.07.16

TAG:

トピックス教育経営学部

経営学部では1年次生配当科目「ベーシック・セミナー」の授業において「就職ミニガイダンス」と「留学ガイダンス」を2週にわたり実施しました。

就職ミニガイダンス

6月26日(水)~7月2日(火)に実施した「就職ミニガイダンス」は、将来を見据えて学生生活に取り組んでもらいたいという思いから、進路・就職支援センター協力のもと実施しています。ガイダンスの前半では、進路・就職支援センターのスタッフから、本学の就職状況やスケジュールなどについて説明がありました。「就職活動が始まるまでに色々な経験をすることが大切です。またゼミに所属して大学生として活動の幅を広げることもそのひとつです。ぜひ充実した学生生活を送ってください」とエールが送られました。後半では、株式会社マイナビの若松伶奈氏より、マイナビが開発した自己分析ツールを使ってのガイダンスが行なわれました。若松氏は「【長所や短所】【どのような性格か】【どのような職業に向いているか】など自分を知ることで、自身の良し悪しを決めるのではなく、これからの学生生活でどのような力を伸ばすのかを考えるきっかけとしてください。学生生活の取り組み方はみなさん次第です。今の積み重ねが重要となります」と話されました。
分析結果を隣同士で共有し合う学生たち
若松氏から初めて聞く話に興味津々の学生たち

留学ガイダンス

7月10日(水)~16日(火)に実施した「留学ガイダンス」は、ひとりでも多くの学生に海外へ目を向けてほしい、そのひとつとして是非とも留学にチャレンジしてほしい、という思いから平成24年度より実施しています。前半では、経営学部の教員による留学制度の説明があり、初めて耳にする話に興味津々に耳を傾けていました。後半では、実際に留学した経営学部の先輩が「留学体験談」を発表しました。留学先の大学での学び・海外生活・現地での交流体験・留学するきっかけ、費用の話など、1年次生たちがイメージしやすいように多くの写真を用いてスライドで分かりやすく体験談を語っていただきました。体験談の後には、質問にも応じていただき先輩学生は丁寧にアドバイスをする姿が見られました。

留学ガイダンスに協力してくれた経営学部の4名

井上 貴文さん (4年次生):EBJプログラム(アメリカ)
下垣内 未来さん(4年次生):EBJプログラム(アメリカ)
山本 威志さん (4年次生):休学留学(韓国・フィリピン)
南崎 龍之介さん(3年次生):短期語学実習(オーストラリア)

留学制度の説明に耳を傾ける学生たち
先輩学生の留学体験談はとてもリアルで刺激的なものでした
この2つのガイダンスを経て、多くの学生が将来を見据えて様々なことにチャレンジし、またそのひとつとして海外へ羽ばたいてもらえるように、経営学部は全力で応援・サポートしていきます。
PAGE TOP