経済学部菅原宏太教授が編著者である研究書が刊行されました。

2019.04.05

TAG:

ニュース研究経済学部

経済学部 菅原 宏太 教授が編著者の一人である研究書「Advance in Local PublicEconomics」がSpringer社より刊行されました。この研究書は日伊の13大学24人の研究者による共同プロジェクトの成果であり、地方財政学における様々な最新テーマについての理論分析と実証分析が取り纏められています。

菅原教授は、この共同プロジェクトの一環として京都産業大学において過去に2度の日伊国際研究フォーラムを開催しており、日本人研究者とイタリア人研究者との研究交流を今後も更に深めていく予定です。

関連記事

なお、この研究書には経済学部 塩津ゆりか 准教授も著者の一人として関わっています。

PAGE TOP