京都府立桂高等学校との高大連携事業に関する協定を締結

2019.04.15

TAG:

ニュース地域社会生命科学部

京都産業大学は、京都府立桂高等学校(京都市西京区)と本学の高大連携事業に関する包括協定を3月29日に締結しました。
この協定は、人的交流および知的資源の相互活用を通じて、双方の教育・研究活動の向上および人材の育成に寄与することを目的として締結したものです。期間は3年間とし、期間満了後は実績・効果を双方で検証し、継続を判断する予定です。
具体的な連携活動としては、同校普通科研究コース1年次の教育課程にある探究活動プログラム「桂リサーチプロジェクト」の授業にて、本学生命科学部 佐藤 賢一 教授が発案した「ハテナソン」を活用した連携教育を行います。本活動により、生徒の質問力や探究力を向上させて、教育の活性化を図ります。
なお、本学はこれまでに大阪ビジネスフロンティア高等学校(大阪市天王寺区)、京都すばる高等学校(京都市伏見区),大津商業高等学校(滋賀県大津市)、高田商業高等学校(奈良県大和高田市)、福井商業高等学校(福井県福井市)と高大連携協定を結んでおり、今回で6校目の締結となります。

PAGE TOP