協定校イタリア・ペルージャ外国人大学から国際交流担当者2名が来学しました

2018.11.07

TAG:

トピックス国際交流外国語学部
2018年11月7日(水)、協定校のイタリア・ペルージャ外国人大学から、国際エリア長のファブリツィオ・フォコラーリ先生、そして本学からの留学生をいつもサポートしてくださっている東城 健志先生が来学しました。
まず国際交流センターで畠山 香織センター長が2人を出迎えた後、内田 健一 准教授が学内のさまざまな教育・研究施設を案内しました。続いて、2人は小林 満 教授が担当するグループ活動を主体としたアクティブラーニング型の授業「専攻イタリア語(総合)Ⅳ」を見学しました。比較的高度な内容に積極的に取り組む学生たちの姿を高く評価してもらえました。そして最後に、来年ペルージャに留学する学生たちにアドバイスをしてくださいました。また来年はペルージャから留学生が本学に来る予定もあり、今後一層、協力関係を深めていくことを確認しました。
PAGE TOP