山下 龍志さん(生命科学研究科 博士前期課程・2年次)がFASEB SRCで優秀ポスター賞を受賞!

2018.08.08

TAG:

ニュース学生の活動ゼミ総合生命科学部

アメリカ合衆国で開催された国際会議FASEB SRCにおいて、山下 龍志さん(生命科学研究科・博士前期課程2年次)が優秀ポスター賞を受賞しました。

FASEB SRC(Science Research Conference)は、1982年から行われている伝統のある国際会議です。著名な研究者を含めた100~150名の参加者が、7日間にわたり最先端の研究内容を発表します。
7月22日から7月27日に開催された今回の学会は、Bernd Bukau先生や、Ulrich Hartl先生など、タンパク質フォールディングの分野で世界的に著名な方々も参加しており、国際学会の中でも非常にレベルの高いものでありました。

世界中から集まった発表者の中から優秀ポスター賞を受賞し、山下さんには今後ますますの活躍が期待されます。

賞状を手にする山下さんと研究指導者の潮田 研究助教
賞状

詳細

発表者:山下 龍志
学年:生命科学研究科 博士前期課程・2年次
学会名:FASEB Science Research Conferences
分野:Protein Folding in the Cell
受賞:優秀ポスター賞(2nd)
タイトル:Deficiency of ER-resident reductase ERdj5 causes disruption of Mitochondrial morphology
URL:https://secure.faseb.org/SRC/2018/FileAccess.aspx?secure=djkflserj234084h&topic=11580 (Poster# We-82)
開催地:セント・ボナベンチャー大学(アメリカ・ニューヨーク州・オレアン)
期間:7月22日-7月27日
口頭発表者総数:42名
ポスター発表者総数:86名
PAGE TOP