オープンキャンパス理学部特別企画「理学部に入って○○になる!エンジニアになろう」開催報告

2018.08.05

TAG:

トピックス公開講座理学部

オープンキャンパス理学部特別企画「理学部に入って○○になる!エンジニアになろう」開催報告

2018年8月5日(日)にオープンキャンパス特別企画「理学部に入って○○になる! エンジニアになろう」を開催しました。この企画は、本学を卒業後、各業界で活躍をされている卒業生をお招きし、大学・大学院時代の話や現在の仕事について話をお伺いする企画です。
今回は大学卒業後に電気システム整備の企業に勤めている東田喜暉氏(2016年度理学部物理科学科卒業/西日本電気システム株式会社勤務)と、大学院修了後に企業のアプリ開発を担当されている岡本圭二朗氏(2016年度理学研究科物理学専攻修了/株式会社SOU勤務)のお二人にご登壇頂きました。
コーディネーターは物理科学科の山上教授が務められ、お二人からの報告およびパネルディスカッションを行いました。

報告では、「就職後、一から新たなことを学ばなければならないことが多く大変だった」といった苦労話や、「一般的に理系就職の場合、技術職としての就職が想定されるが、実際は作業の進捗管理や他の社員との連携など組織運営やマネジメントに関する力が求められる場面もある」など、より具体的な話がなされました。また、大学で学んだことが仕事に役立っている話もなされました。

質疑応答では、「どちらかというと理学ではなく工学分野の就職をされたかと思いますが、学部で学んだことはどのように活かされていますか」という質問に対し、「専門的な内容については、就職後に一から学ぶことが多いが、大学で学んだ内容が役に立つ場面もある。幸い今の仕事に関する専門的な知識は入職前に少しだけ学んでいたので、業務内容の理解に役立った」といった応答がなされるなど、様々な質問にも率直にお答えいただけました。

理学部は、今後も各業界への就職を目指す学生をサポートしてまいります。それと共に、こういった活動や理学部卒業後の進路情報を積極的に発信していきます。

次回、8月18日(土)のオープンキャンパスでは、「理学部に入って○○になる!科学館で働く!」を開催しますので、興味のある方は是非ご参加ください。

イベント名 「理学部に入って○○になる!科学館で働く!」
日時 2018年8月18日(土)
場所 京都産業大学 万有館4階 B406教室
学部時代の様子を話す東田氏
現在の仕事内容について話す岡本氏
PAGE TOP