ラグビー部のフォワードコーチに、ワールドカップ2015で活躍した卒業生の伊藤 鐘史さん(2003年経済学部卒)が就任

2018.02.21

TAG:

ニューススポーツ
2018年4月1日付けで、ラグビー部のフォワードコーチに、卒業生で元日本代表選手の伊藤 鐘史さん(2003年経済学部卒)が就任すると発表しました。
伊藤さんは、大学4年時に主将を務め、ジャパンラグビートップリーグのリコーブラックラムズや神戸製鋼コベルコスティーラーズで活躍。2012年に、31歳で初めて日本代表に選ばれ、2015年にイギリスで開催されたワールドカップに出場し、日本の大躍進に貢献しました。

大西監督は、「日本一を実現するために十分な力を持っている元木コーチ、伊藤コーチらと力を合わせ、本気で9連覇中の帝京大学を倒し、日本一になる」と宣戦布告。伊藤さんは、「京都産業大学の変わらぬ理念、『いついかなる時も大学日本一を目指す』、『学生らしく一生懸命、ひた向きに』という2つの理念を実現し、日本一になる」と抱負を述べました。

※京都産業大学ラグビー部
 全国大学選手権出場29回
 全国大学選手権準決勝進出7回1983・1985・1990・1993・1994・1997・2006)
 関西大学Aリーグ優勝4回(1990・1994・1997・1998)
 日本代表としてワールドカップに出場した選手8人
  田倉政憲 ワールドカップ1991・1995に出場。代表キャップ16
  前田達也 ワールドカップ1991に出場。代表キャップ4
  吉田 明 ワールドカップ1995・1999に出場。代表キャップ17
  廣瀬佳司 ワールドカップ1995・1999・2003に出場。代表キャップ40
  大畑大介 ワールドカップ1999・2003に出場。代表キャップ58
  伊藤鐘史 ワールドカップ2015に出場。代表キャップ36
  田中史朗 ワールドカップ2011・2015に出場。代表キャップ64
  山下裕史 ワールドカップ2015に出場。代表キャップ49
記者会見の様子
会見後のグラウンドの様子
【写真提供】©神戸製鋼コベルコスティーラーズ 
PAGE TOP