「知財エキスパートプログラム」の学生が弁護士事務所でのインターンシップを報告

2017.09.28

TAG:

トピックス教育法学部

9月28日、「知財エキスパートプログラム インターンシップ報告会」が行われました。
このインターンシップは、学部融合プログラム「知財エキスパートプログラム」に含まれる活動で、知的財産権と呼ばれる「特許権」や「著作権」に関する仕事をする弁護士の下で就業体験をし、知的財産に関する仕事の現場を通し、弁理士や弁護士の職業観を養成することがテーマになっています。

今回は法学部3年次生の吉田 達郎さんが弁護士事務所での1週間のインターンシップでの体験や感想を報告してくれました。
インターンシップの中では、知的財産権に関する実際の裁判案件や、契約書の作成などに触れ、大学の授業や教科書では体験できない、法律を使ったリアルな仕事を体験されたそうです。
今回のインターンシップを通して、吉田さん自身のやりたい事が発見でき、将来の就活への方向性が決められたことが大きな成果だったそうです。

PAGE TOP