「静原応援隊」の学生による新たな地域活性化策京都産の大豆文化を広める「枝豆祭」を開催

2017.09.25

TAG:

メディア掲載学生の活動プレスリリース
京都市左京区静原町の活性化を目指す学生団体「みらい発信局おむすび~静原応援隊」は、今ではほとんど栽培されなくなった“京都産 大豆”を、静原の自分たちの農園で栽培しています。そして、大豆を使ったオリジナル商品を開発し、静原の特産物に育てることで、地域活性化を目指しています。
このたび、本格的な収穫時期を前に、先行収穫と試食会を目的としたイベント「京都産オオツル大豆を食す会『枝豆祭』」を開催します。
【本リリースのポイント】
  • 京料理に欠かせない“京都産 大豆”の復活を、静原の地域活性化に生かす。
  • 自ら畑を借り、地域の方の協力を得ながら農業を行い、今回初めて収穫する。
  • イベントでは、オリジナル商品(試作品)の試食と京都産 大豆講演会を実施。
同団体が活動している『京都産大豆による京都食文化の再発信と静原地域の活性化の取組』は、京都市および公益財団法人 大学コンソーシアム京都が主催する、平成29年度「学まちコラボ事業(大学地域連携創造・支援事業)」に採択されています。
リリース日:2017-09-25

みらい発信局おむすび~静原応援隊 『枝豆祭』開催

開催日時 2017年9月30日(土) 11:00~14:00
※雨天の場合は翌日10月1日(日)に延期
場所 静原むすびわざ農園(京都市左京区静市静原町1495)
内容 ①オオツル大豆枝豆 収穫および試食体験
②京都産大豆に関する講演会(講師:大豆問屋北尾吉三郎商店 北尾氏)
③その他ビンゴゲーム大会など来場者との交流イベントも実施
参加費 1,000円
定員 30名(先着順)
申込先 むすびわざグッズ制作チーム事務局(担当:牧野) TEL075-705-1570

※車で取材にお越しいただく場合は、駐車スペースを確保いたしますので、
事前に広報部まで連絡をお願いいたします。

お問い合わせ先
京都産業大学 広報部
〒603‐8555 京都市北区上賀茂本山
Tel.075-705-1411
Fax.075-705-1987
kouhou-bu@star.kyoto-su.ac.jp
PAGE TOP