宮崎 哲弥客員教授が「大学の歴史と京都産業大学」で講義

2017.07.07

TAG:

トピックス教育

7月7日、「大学の歴史と京都産業大学」の講義に、TV番組などで活躍されている評論家であり、本学客員教授の宮崎哲弥さんが「政治哲学的シンキング2017」をテーマに講義を行いました。

講義の冒頭では「政治学」とは何であるかを解説され、その後、実際の時事問題を例に挙げ、それらの事例について学生一人ひとりの考えを学生と対話をするような形で講義は進められました。

宮崎さんの講義は学生からの注目度が高く、講義にはこの授業の受講生以外にも多くの学生や教職員も出席し、活発な意見交換がなされました。90分という限られた時間ではありましたが、白熱した授業となり、政治哲学などについて考える貴重な時間となりました。

学生に熱く語る宮崎さん
宮崎さんと学生が議論する様子  
PAGE TOP