総合生命科学部 バイオフォーラム2017 開催報告(6月7日)

2017.06.07

TAG:

トピックス研究総合生命科学部
興味深い講演に、参加者達は熱心に聞き入っていました。
6月7日(月)15号館15102セミナー室において、総合生命科学部バイオフォーラムが開催され、京都産業大学 日本科学未来館 遠藤プロジェクトの佐藤 久夫氏に、「-楕円な社会とサイエンス- 焦点は二つ!」というタイトルで、ご講演いただきました。

佐藤氏がこれまで関わってこられた大学、産業界、官界でのご経験から、ライフサイエンスを軸に、若者の社会への関わりについてわかりやすくご講演いただきました。

佐藤氏は、理系と文系が融合した大学で受けた教育をスタートに、企業研究や宇宙開発事業団やNEDOにおける研究開発に携わってこられ、その間のご自身のご経験から、社会とサイエンスを楕円に例えて、焦点を一つにしないことの意味をわかりやすく説明してくださいました。また、学生には「おかしい」ことを「おかしい」と言えることや、使うと面白いと思われる人材になることを提案していただきました。さらに、先の見えない未来であるからこそ、サイエンスをもっと面白く、もっと遊ぶことで、研究の価値を高め、そうした価値ある研究を社会へ発信することを提案していただきました。
本バイオフォーラムでは、京都産業大学総合生命科学部バイオフォーラム・進路就職支援センター、京都市技術産業研究所の協賛として実施したキャリアセミナーの第1部として佐藤氏にご講演いただきました。
PAGE TOP