現代社会学部着任予定 濱野 准教授の研究が第18回日本健康支援学会において学術大会優秀賞を受賞!

2017.03.14

TAG:

ニュース研究現代社会学部

この度、第18回日本健康支援学会において、現代社会学部着任予定の濱野 強 准教授(現在 共通教育推進機構所属)が共著者として参画した演題が、学術大会優秀賞ポスター発表部門を受賞しました。筆頭演者は、公益財団法人身体教育医学研究所の朴相俊先生で、地域調査に基づく研究成果を発表しました。今後、地域包括ケアを進めていくに際しては、ソーシャル・キャピタル(地域のつながり)を踏まえた活動が有益であることが示されました。

演題 ソーシャル・キャピタルを活用した地域間比較-理論的枠組みによる検討-
演者 朴 相俊・今村 晴彦・征矢野 あや子・濱野 強・岡田 真平・永島 美典・ 堀内 ふき
PAGE TOP