オール京都産業大学で「京都マラソン2017」を応援!約200人の学生が大活躍!

2017.02.20

TAG:

トピックススポーツ地域社会
本学は「京都マラソン2017」の大学唯一のオフィシャル・パートナーとして、“ALL京都産業大学”で大会を盛り上げ、世界中から集まった16,000人のランナーのみなさんを応援しました。

沿道盛り上げ隊がランナーを応援!

京都市役所前で「全学応援団」「フラメンコクラブ」「ダブルダッチ部」、北山通で「京炎そでふれ!咲産華」がパフォーマンスを披露し、応援にかけつけたみなさんと一緒にランナーに声援を送りました。
全学応援団による迫力のある演舞
ダブルダッチ部の華麗なパフォーマンス
沿道を華やかに彩るフラメンコクラブ

学生ボランティアがランナーをサポート!

上賀茂神社前のボランティアスタッフ
本学学生が、平安神宮前のゴール地点で「語学ボランティア」、上賀茂神社付近で「運営ボランティア」に参加しランナーをサポートしました。また、沿道応援にかけつけた市民の方や観光客のみなさんが、安全に京都マラソンを楽しめるように大会運営に携わりました。

みんなが楽しめる!「沿道応援スタンプラリー」実施

京都産業大学PBL科目受講生12人が、京都市、京都マラソン実行委員会と連携し、「京都マラソンを京都市民にPRせよ!!」という課題に取り組みました。
①京都マラソンに参加するきっかけがない、②京都マラソンを走るだけのイベントだと思っている人がいる、③コースから遠い地域の人が参加しにくい、④参加の世代にばらつきがある等、4つの課題を解決することにより、京都マラソンのPRにつながるイベントとして「沿道応援スタンプラリー」を実施しました。
子どもから大人まで多くの方が参加!
本学ブースに立ち寄られた門川京都市長と

卒業生の村刺厚介さんが優勝!

2時間20分32秒で優勝した村刺さん
男子の部において、卒業生の村刺 厚介さん(2006年経済学部卒:YKK所属)が、2時間20分32秒で優勝しました。京都マラソンで本学関係者の優勝は、第4回大会(2015)の女子の部で優勝した古久保 亜衣さん、第5回大会(2016)の男子の部で優勝した上門 大祐さんに続き3年連続になります。

「おこしやす広場」でのブース出展

大会直前の2月17日(金)、18日(土)に京都市勧業館みやこめっせで開催された『おこしやす広場』に、本学ブースを出展し、来場者に鳥インフルエンザ研究センターが産学連携で開発した「マスク」を配布しました。その他にも、学生養蜂団体ミツバチ同好会 BOOON!!が採蜜したはちみつから開発した商品「ハチミツドロップ ブラックカラント」の試食、陸上競技部監修の「京都マラソン攻略マップ」や、体育会本部編集局が制作したスポーツ新聞「アスレチック」、大学の広報誌などを配布しました。
ブース写真
配布の様子

関連リンク

PAGE TOP