全日本大学女子駅伝で4位に入賞しシード権を獲得!第1区で橋本 奈津選手(法・1年次)が区間賞!

2016.10.31

TAG:

ニューススポーツ

10月30日、『第34回全日本大学女子駅伝対校選手権大会』が杜の都仙台で行われ、陸上競技部女子駅伝チームが4位入賞、上位8位までに与えられるシード権(来年の大会出場権)を獲得しました。4位入賞は2011年大会以来、5年ぶりになります。

レースは、第1区に1年次生ながら今年の全日本学生選手権1500mを制した橋本 奈津選手が起用され、鮮やかなラストスパートで区間記録にあと5秒に迫る走りで区間賞を獲得し、理想的なスタートを切りました。第2区で全日本学生選手権3000m障害3位の薮田 裕衣選手(法・3年次)が4位に後退したものの、第3区棚池 穂乃香選手(経済・2年次)が快走し順位を3位に上げて、第4区の信岡 桃英選手(経営・1年次)に襷を繋ぎました。
信岡選手は順位を一つ落としながらも区間3位の好記録でキャプテンが待つ第4中継所に飛び込みました。第5区の佐藤 季実子選手(法・4年次)は、各校のトップランナーが揃うエース区間で粘りの走りを見せ、5位で最終区の第6区今川 綾菜選手(法・3年次)に思いを託しました。今川選手は、一時は6位に後退したものの、そこから追い上げ4位でゴールテープを切り、チームメイトに迎えられました。

沿道には全学応援団、同窓会宮城県支部をはじめとする卒業生、教職員が応援にかけつけ、選手に声援を送りました。今大会の結果により、12月30日に静岡県で開催される『全日本大学女子選抜駅伝競走(富士山女子駅伝)』の出場権を得ました。
引き続き、応援をよろしくお願いします。

区間 選手名 区間記録(順位) 総合記録(順位)
1区 橋本 奈津 20分27秒(1) ※区間賞 20分27秒(1)
2区 薮田 裕衣 18分41秒(7) 39分8秒(4)
3区 棚池 穂乃香 22分36秒(4) 1時間1分44秒(3)
4区 信岡 桃英 16分6秒(3) 1時間17分50秒(4)
5区 佐藤 季実子 30分44秒(11) 1時間48分34秒(5)
6区 今川 綾菜 17分33秒(6) 2時間6分7秒(4)
PAGE TOP