学生スタッフ企画 2016夏「ボラ友プロジェクト」を実施しました!

2016.08.10

TAG:

トピックス学生の活動
「一人でも」、「初めてでも」、「気軽に」参加して、活動を通していろんな人と出会い、人とのつながりを広げていってほしい。
そんな想いで学生スタッフが企画したボランティア体験プログラム『ボラ友プロジェクト』を実施しました。
子どもたちと室内で遊んでいる様子①
子どもたちと室内で遊んでいる様子②
ソーラン節の練習を見学

☆児童館で子どもたちと遊んで楽しもう!!

日  時 2016年8月10日(水)9:30~17:30
活動場所 京都市葵児童館
午前中は、児童館にやって来た乳幼児たちとプールで遊んだり、小学生の子どもたちと本を読んだり、将棋名などのボードゲームをしたりしました。
子どもたちと一緒にお昼ご飯を食べて、午後からは、子どもたちが夏祭りで発表するソーラン節の練習を見学させてもらいました。みんな一生懸命踊っていて、その迫力に感動しました。
練習を終えてからは、室内ではボードゲームや百人一集の坊主めくりをしたり、屋外では一輪車などで遊んだりしました。
子どもたちが帰った後に、児童館の職員の方も交えて活動のふりかえりを行い、一日の活動を終えました。

参加した学生の声(アンケートより)

<印象に残ったできごとは?>
・乳幼児と接するとき、なかなか話しかけても答えてもらえなかったが、小学生はとても積極的だったこと。
・1人1人に個性があって、個々の良さを育み、自分の価値観や判断力を成長させられる場だった。
・子どもたちが自分たちでけんかの仲裁をしたりしていたこと。
・子どもたちが何人か一斉に「これして遊ぼう」と誘ってくれたのですが、一気にできなくて困った。
・何事も全力で、ひたむきに子どもたちがする姿を見て、ってこういう場って大切やなと心から思った。
・ボランティアは人を助けるためにあると思っていたが、ボランティアは日常でもあると気づけたこと。
実際に子どもと接することで、子どもたちの元気良さに触れ、そのパワーに圧倒されながらも、子どもたちと遊ぶ楽しさを実感する機会となりました。
活動に参加したみなさん、お疲れさまでした。
そして、今回受け入れていただいた葵児童館のみなさま、ありがとうございました。
お問い合わせ先
京都産業大学 ボランティアセンター
〒603‐8555 京都市北区上賀茂本山
3号館1階
Tel.075-705-1530
Fax.075-705-3191

開室時間
平日:8:45~16:30(13:00~14:00お昼休み)
土曜:8:45~12:00
日・祝:休み
volunteer-support@star.kyoto-su.ac.jp
PAGE TOP