2016年オーストラリアシーズン 山田 幸代さんからの報告

2016.09.01

TAG:

トピックススポーツ

Victoria State League

今年、南オーストラリア州からビクトリア州のチームに移籍をして、1年目のレギュラーシーズンを終えました。 シーズンではトップリーグに所属するCaulfieldというチームで、今年から緑と黄色のユニフォームを身にまとうことになりました。
Caulfieldはシーズンを4位で通過し、ファイナルリーグへ進出しました。

Caulfieldには、オーストラリア代表のアシスタントコーチ、オーストラリア代表のゴールキーパーが所属し、ディフェンスとしてオーストラリア代表を目指す私にとって、とてもいい環境でのチャレンジになりました。

なかなか勝てなかったレギュラーシーズンですが、自分の役割をしっかりできた試合が多かったことに、監督からもいいフィードバックをいただきました。
しかし、勝利に貢献することが私の役目でありますので、やはり悔しい思いをしたシーズンでした。

そして、今週からファイナルシーズンが始まりました。まずは3位Williamstown vs 4位Caulfieldのセミファイナルがあり、そこで10-2で勝利することができました。 なかなか勝てなかったレギュラーシーズンだったので、ファイナルで勝利できたことはチームが成長したことを意味する大切な結果となりました。

そして、今週末
9月4日(日)3:00pm~
前回王者のNewportとPreliminary finalを戦います。 準決勝です。

胸を借りるつもりで戦ってきます。
個人的にもしっかりと結果を出せるように頑張ります。

Australia National Championship

シーズン中に行われる、全豪(Australia National Championship)では、6年間着続けた南オーストラリア州の赤いユニフォームを脱ぎ、紺色のビクトリア州代表ユニフォームを着ての出場になりました。 今年の全豪は、今まで戦った中で一番レベルの高いチャンピオンシップになりました。
まず、ビクトリア州の代表になることもかなり難しいチャレンジだったと思います。しかし、しっかりその座を勝ち取り、チームのために戦うことができました。
南オーストラリア州と戦うときは、古巣と言うこともあり、今までにない気持ちになりましたが、自分の力を出し切ることができたと思います。
私たち、ビクトリア州代表が、2016年の全豪覇者となれたこともご報告したいと思います。
全豪優勝はやはり自分の中でもとても大きな成果となったと思います。

Australia national team

全豪のあと、オーストラリア代表の第5回目の選考会がありました。
はじめ100人近くいた候補選手も、5回目の選考会の段階ですでに33名。ここからが大きなチャレンジになります。
最終選考される選手の人数は18名。
来年のワールドカップへの切符を勝ち取るため、このトライアウトに挑んでいます。

Englandとのテストマッチを3戦行い、そこで選手がまた絞られました。
世界ランク3位のオーストラリアvs世界ランク4位のイングランド
私たちは、思うような結果が出せず、自分たちの力を出し、勝ちきることができませんでした。
1勝2敗で、負け越したオーストラリア代表。

私も、思うように試合に出ることもできず、悔しい思いをしました。今の現実をしっかり受け止め、次のステップに進まなければいけません。
その選考会で26人になり、私も次のステップに進めます。
次は10月にアメリカで行われるインターナショナルテストマッチでの選考になります。

世界ランク4位までのチーム
USA
CANADA
AUSTRALIA
ENGLAND
そして、NCAA champion のNorth Carolina の5チームでのトーナメントです。

Media情報

9月25日(日) 午前3:00~(24日(土)深夜)
NHKBS1 「挑戦者たち」

ドキュメンタリー番組に出演させていただきます。

2016年8月31日 ラクロスプレイヤー 山田幸代

PAGE TOP