「O/OCF-PBL2 ヤマト運輸株式会社クラス」が学内でイベントを実施

2016.07.18

TAG:

トピックスキャリア地域社会
7月18日、「O/OCF-PBL2 ヤマト運輸株式会社クラス」が本学キャンパス内にて「ヤマトカフェ」と題してイベントを企画、実施しました。
「O/OCF-PBL」とは、課題解決活動を通じて実社会で必要となる心構えや能力を身につけるために設定された科目です。(O/OCF-PBLの詳細:www.kyoto-su.ac.jp/features/career/cp.html

今回、「若者が使いたくなる宅急便の開発」という課題のもと、荷物の梱包と発送ができるブースを併設したカフェを企画しました。この企画は「若者はオシャレなものが好き」「カフェに行くことが多い」など、学生自身が感じたことを基に考案されました。

「ヤマトカフェ」では、来場者にまずイベントの趣旨を説明し、受講生がデザインした「プレゼントボックス」という箱のサンプルを選んでもらいました。選んだ箱の梱包例を準備するまでの間、くつろいで過ごしてもらうために、飲み物とお菓子が提供されました。その後、梱包例を参考に、宅配サービスの使用頻度や、「プレゼントボックス」への感想等を聞くアンケートに回答してもらいました。

イベントを終えて、受講生は入念に準備をしていたものの、思い通りに進行できなかった点を感じるとともに、イベントを無事に終わることができたことにまずは安心していました。今後はアンケートを分析し、今後の課題解決に取り組んでいく模様です。
 
スタッフが案内
来場者とのやりとり
プレゼントボックスを選ぶ様子
PAGE TOP