京都産業大学と京都府北警察署との「災害時における施設等使用に関する協定」

2016.07.06

TAG:

メディア掲載地域社会プレスリリース

大規模災害の発生により、京都府北警察署の機能不全時において、本法人の施設等を警察活動の拠点として使用を許可する協定を締結。

学校法人京都産業大学は、地震、風水害、その他の大規模災害が発生した際、京都府北警察署の庁舎が機能不全およびそのおそれがある場合の社会的影響を鑑み、大学としての社会的責任を果たし、地域共助の観点からも、本法人の大学運営活動に支障のない範囲で、「総合グラウンド管理棟および付属施設」を警察活動の拠点として使用できるよう「災害時における施設等使用に関する協定」を締結します。
 

協定締結式について

日時 2016年7月6日(水) 午前11時~
 場所 京都産業大学 本館2階役員会議室(京都市北区上賀茂本山)
協定署名者 京都府北警察署        署 長 宮路 正美(みやじ まさみ)氏
学校法人京都産業大学     理事長 柿野 欽吾(かきの きんご)
協定内容 災害時における施設等使用に関する協定

本件に関するお問い合わせ先

京都産業大学管財部(担当:池田)
Tel: 075-705-1580
PAGE TOP