“国内最大級”の初年次教育『自己発見と大学生活』成果を発表

2016.06.17

TAG:

メディア掲載プレスリリース

京都産業大学は、全学を対象に、学内での「学び」と学外での「実践」を積み重ねるキャリア教育を、他大学に先駆け教職学協働で取り組んでいます。1年次対象の「自己発見と大学生活」は、大学環境を「アウェイ(新たな環境)からホーム(安心して自分から周囲に働きかけられる場・自己表現し合える場)」に変える力の醸成を目的とし、新入生が大学環境に馴染み、大学生活の目標を持って主体的に学べるようにサポートすることを目的とした科目で、全学部横断型のキャリア形成支援教育科目として、“国内最大級”の規模で開講しています。

[本件のポイント]
 ・新入生のサポートは、「学生ファシリテータ(通称:学ファシ)」と呼ばれるファシリーテーション技術を身につけた先輩学生(約50人)が授業に入り履修者をサポート。
 ・学部横断型のキャリア形成支援教育科目として、国内最大級の規模(毎年全学部から1年生2000人以上、全新入生の7割が受講し、28クラスに分かれて活動)
 ・教職学協働でオリジナルの教材(ティーチングガイドブック・プログレスブック・リフレクションノート)を開発し、本学独自の初年次教育の実現と各クラスの教育の質を担保

授業の成果報告として「ポスターセッション」を実施します。今年度は『京都産業大学の愉しみ方~新入生にオススメしたい学び方、過ごし方とその理由~』というテーマの下、各クラスが13グループに分かれてポスターを作成し、6月20日(月)~24日(金)の各授業曜日時限でクラスの代表となる優秀ポスターを決定します。

優秀ポスター(全28枚)は、7月4日(月)~7月15日(金)に学内に展示され、観覧者による投票の結果、最優秀ポスターを決定します。
 

『自己発見と大学生活』成果を発表(優秀ポスターの展示・投票)

日時 2016年7月4日(月)~15日(金) 
場所 京都産業大学 ラーニングコモンズ 2階、3階
内容 優秀ポスターに選定された全28枚のポスターを展示し、観覧者による
投票の結果、最優秀ポスターを決定します。

 ※「ポスターセッション」をご取材いただける場合も、お問い合わせください。
本件に関するお問い合わせ先
京都産業大学 共通教育推進機構(キャリア教育研究担当)  
TEL 075-705-1754 
Mail:ksu-jikodai@star.kyoto-su.ac.jp
PAGE TOP