法学部専任教員(「税法(租税法」)公募(募集は終了しました)

2016.06.27

TAG:

ニュースお知らせ法学部
京都産業大学法学部では、「税法(租税法)」分野の専任教員を公募します。

募集要項

担当予定科目 税法Ⅰ(所得税法)、税法Ⅱ(相続税法)、税法Ⅲ(法人税法)、税法Ⅳ(国際租税法)のうち1~2科目のほか演習等。併せて大学院法学研究科法律学専攻において授業担当および研究指導等。
募集人員  1名
採用時の職位
および待遇
教授または准教授
給与は本学の給与規程による。
勤務形態 常勤
応募資格 (1) 博士(Ph.D.を含む)の学位を有するか、それに相当する研究業績を有し、大学院博士前期課程において研究指導教員を務めることができる方
(2) 本学の建学の精神に謳う日本の良き伝統、美風に添う社会常識を備えた方
(3) 教育や研究とともに学内業務(各種委員会業務、入試関係業務など)にも積極的に取り組める方
(4) 採用後は、京都市内あるいはその近辺に常住が可能である方
応募期限 2016年8月1日(月)必着
着任時期 2017年4月1日

応募書類

(1) 個人調書 下記の書式をご利用下さい。記入にあたっては「個人調書(記入例)」を参考にして下さい。写真貼付のこと。

 

(2) 最近の主な研究業績 5点以内。各業績につき400字程度の要旨を添付して下さい。
(3) 今後の教育・研究計画書 各1,000字程度。A4判・様式自由。
(4) 応募書類・業績の返却希望の有無 「履歴書等応募書類一式の返却について」を印刷してご使用下さい。

 

※一次選考通過者には、二次選考にあたり推薦書2通を提出いただくことになります(「選考方法」の欄を参照)。

書類送付先

〒603-8555 京都市北区上賀茂本山
京都産業大学 法学部事務室
※封筒の表に「税法応募書類」と朱書きの上、簡易書留で郵送して下さい。

選考方法

【一次選考】:書類選考
【二次選考】:口頭発表および面接と推薦書により選考
【最終選考】:役員面接
※一次選考通過者には、二次選考にあたり推薦書2通を提出いただきます(推薦者の氏名および押印、職名、連絡先(メールアドレス含む)、本人との関係を明記、様式自由)。

採否の決定

2016年10月中旬を予定。

その他

  1. 定年は65歳です。
  2. 京都産業大学は、男女共同参画社会基本法の精神に則り、積極的に男女共同参画を推進しています。多数の女性研究者の積極的な応募を期待します。
    新規の採用人事について、業績および資格にかかわる評価において同等と認められる場合には、女性を優先的に採用します。
  3. 選考の過程で、その他書類の提出を求めることがあります。
  4. 全学共通教育科目やキャリア形成支援教育科目を担当いただくこと、また、教育・研究活動の他、学部や大学全体の校務(委員会業務、入試関係業務、各種プロジェクト関係業務など)についても担当いただくことがあります。
  5. 面接の際の交通費は、本学規程により支給します。
  6. 選考結果については、選考終了後、直接ご本人に通知します。
  7. 応募に際して提出いただいた個人情報は、本学の規程に従い適切に管理し、選考および採用の目的以外には使用いたしません。

問い合わせ先
〒603-8555 京都市北区上賀茂本山
京都産業大学 法学部事務室 教員公募担当
E-Mail: hougaku-jim@star.kyoto-su.ac.jp
 

PAGE TOP