特別対談シリーズ「マイ・チャレンジ」将棋棋士 羽生 善治名人の挑戦する勇気とは

2016.04.12

TAG:

トピックス公開講座
2016年4月12日(火)午後5時、京都産業大学神山ホールにて特別対談シリーズ「マイ・チャレンジ」が開催されました。第2回となる今回は、将棋棋士の羽生 善治 名人をお招きし、「挑戦する勇気」をテーマに講演いただきました。羽生名人は、十九世名人、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将、永世棋聖の資格保持者であり、現在、第74期将棋名人戦に挑まれています。

まず初めに、勝負の世界でその勝敗を左右する「失敗」について講演が始まりました。羽生名人は、何か物事に挑戦する上で失敗を避けては通れないとしたうえで、失敗することよりも、失敗した後さらなる失敗を重ねないようにすることが重要であると語られました。実際には失敗を重ねて、焦ったり冷静さを失ったりしてしまうケースはよくあり、適度な休憩を心掛けることで失敗を減らすことができると紹介されました。

続く第2部では、羽生名人と本学総合生命科学部 永田 和宏 教授との対談が行われました。歌人としても活躍する永田教授が、第72期将棋名人戦の観戦記を務めたことがきっかけで羽生名人と知り合われ、その当時の対局におけるエピソードも披露されました。
将棋の世界でトップを維持する秘訣として、常に変化し続ける流行の将棋の差し方と自分の将棋スタイルとの関係性を十分に理解し、自分の棋譜つまりは自分らしさを大切にすることであると話されました。また、最後に永田教授から「何歳まで将棋を指したいですか」という問いかけに、羽生名人は「まずは目の前の1年を頑張りたいです」と答えられ、日々の積み重ねを重んじる羽生名人らしさが詰まった講演会となりました。

【記事:学生広報スタッフ 小西池 祐希さん(外国語・3年次】

「挑戦する勇気」をテーマに講演する羽生名人
目の前の1年を頑張りたいと語る羽生名人
将棋棋士 羽生名人(左)と永田教授
PAGE TOP